東京から世界へ 4つのスタジオが仏・アヌシーでアニメ企画をプロモーション

アヌシー国際アニメーション映画祭 2017

 2017年6月12日から18日まで、フランスでアヌシー国際アニメーション映画祭が開催される。これに併設する国際見本市MIFAにて、日本のアニメプロダクションの選りすぐりの企画が出品される。東京都は13日から16日までの見本市が行われる4日間、MIFAにブースを構え、東京都に拠点を持つアニメーション制作会社のオリジナル作品企画を紹介する。
 参加企業はクー、CGCGスタジオと美よんどC(Studio 4℃)、そしてMAPPAの4社となる。各スタジオは、ビジネスミーティング、マッチングを通じて、今後の展開のための国境を越えたパートナーとの連携を探る。

 アヌシーは、世界最大の国際アニメーション映画祭としてよく知られている。世界各国から作品が集まるフィルムコンペティションが有名だが、近年はビジネスの場としても注目が高い。そのビジネスの中心となるのがMIFAである。
 MIFAには毎年、世界各国から様々な作品・企画が持ち込まれる。製作会社、放送局などがその中から新しい作品を見つける。

 東京都がMIFAに出展するのは、今年で2回目。国際見本市で企画を紹介することで、東京のアニメ産業の活性化、海外展開を支援することが目的だ。2016年の初めての試みが、国内、そして海外側からも好評を博したことから、2017年も継続して行われることになった。昨年は、出展者に多くのミーティング集まったが、2017年も魅力的な企業と作品が集まっている。

 CGCGスタジオは、3D/CGの『Sprin’ Pan, Let’s go forward!』を出品する。子どもたちが歌とダンスを楽しめるミュージカルアニメーションの企画だ。クーは、アーティストひらのりょう の絵本『FANTASTIC WORLD』のアニメーションを提案する。
 テレビアニメや映画でもお馴染みのStudio 4℃(美よんどC)、MAPPAも参加する。美よんどCは、前年度に若手アニメーター等人材育成事業「あにめたまご2016」で制作した『Red Ash』をパイロットフィルムとして持ち込み、次の展開を目指す。MAPPAは『ユーリー!!! On ICE』や『この世界の片隅に』などで知られるが、今回は自社作品として木村真二監督による『Mechronicle!』を出品する。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る