アプリックス フレックスコミックスなど出版3社売却で4億6300万円の特損計上

協力

 アプリックスは、2017年5月11日に2017年12月期第1四半期の決算で、営業外費用と特別損失の計上を発表した。このうち特別損失は、3月31日付で実施された出版事業グループ会社の売却に伴うものである。
 アプリックスはテクノロジー関連の技術を中心とした会社だが、2010年頃よりコンテンツ関連事業の多角化を目指した時期がある。その流れのなかで、コミック出版社のフレックスコミックス、児童図書のほるぷ出版を買収していた。

 しかし、2014年には、アプリックスはコンテンツ事業からの撤退をはじめ、アニメーション制作のAICも2014年1月に売却されている。出版部門は最後の残ったコンテンツ事業であったが、今年3月にアプリックスIPパブリッシングとフレックスコミックスは電子書籍のBookLiveへ、ほるぷ出版はフェニックス・ホールディングスに株式譲渡された。
 譲渡価額はアプリックスIPパブリッシングが1億6000万円、フレックスコミックスが3900万円、ほるぷ出版が2億円。

 売却当初より連結決算で、約3億円の特別損失が見込まれるとしていた。今回の発表では、株式売却損3億5000万円に加えて、株式譲渡のアドバイザリー費用、盤越し費用も含めて連結で4億6300万円とし、損失が拡大した。
 しかし、これによりアプリックスはコンテンツ事業から完全に離れる。テクノロジー分野への回帰を鮮明にした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る