バンダイナムコHD通期は小幅減収減益 玩具好調、ゲーム伸び悩む

ファイナンス決算

 大手エンタテイメントのバンダイナムホールディングス(バンダイナムコHD)は、5月20日に2020年3月期通期連結決算を発表した。過去数年、業績は順調な拡大を続けてきたが、20年3月期は成長の踊り場に差しかかったようだ。
 連結売上高の7239億8900万円は、ほぼ前年並みの1.1%減。営業利益は787億7500万円(6.3%減)、経常利益は797億9700万円(8.1%減)、当期純利益は576億6500万円(9.0%減)である。いずれも減少ではるが、小幅で利益は依然高水準を保っている。そうした点ではバンダイナムコHDの経営は盤石である。

 バンダイを中心とするトイホビー事業が、好調を保っている。国内海外ともに大人層向け商品が好調で、売上の約4割となった。また『DRAGON BALL』、『仮面ライダー』、「スーパー戦隊」シリーズ、『ワンピース』の関連商品が堅調だった。売上高は2537億1400万円(4.5%増)、営業利益は267億3300万円(23.1%増)。今後は欧米でも大人層向け商品の販売とマーケティングを強化するとしている。
 ゲームが中心のネットワークエンターテインメント事業が伸び悩んだ。家庭用ゲームで「ドラゴンボール Z KAKAROT」は想定を上回ったが、スマートフォン向けゲームアプリが前年比で減少した。売上高は3280億7900万円(3.8%減)、営業利益438億7900万円(7.7%減)だった。  ナムコが中心となるリアルエンターテインメント事業は厳しかった。アミューズメント施設は当初は堅調に推移したが、第4四半期(20年1月~3月)に新型コロナウイルス感染拡大から、国内外の施設を休業したことで影響を受けた。業務用ゲームでも新製品投入の延期があり、業務用ゲームの仕掛品などの評価損を、一部施でも特別損失に計上した。売上高は917億5300万円(9.6%減)、営業損失が15億200万円となった。

 アニメ関連では映像音楽プロデュース事業が増収減益、サンライズなどのIPクリエイション事業が減収増益である。
 映像音楽プロデュース事業は、売上高469億5100万円(3.1%増)、営業利益が80億3200万円(8.7%減)。『アイドルマスター』や『ラブライブ!サンシャイン!!』、『アイドリッシュセブン』、『ガールズ&パンツァー』などが人気となった。しかしパッケージソフトの発売タイトルが前年に及ばず、新型コロナ感染症拡大で第4四半期にイベント開催の延期や自粛が発生した。パッケージ販売売上高は前年の170億円に対して、152億円と11%の減少。
 IPクリエイション事業は売上高197億5000万円(12.1%減)、営業利益57億5800万円(14.7%増。「機動戦士ガンダム」シリーズが中心となった。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る