ツインエンジンが新法人「EOTA」設立 コロリドなどグループスタジオを統括

企業ニュース

 アニメ企画のグループ統括会社ツインエンジンが、2020年からアニメーション制作スタジオの新しい体制を構築する。2020年4月30日、ツインエンジンは同社のYouTube公式チャンネルにて「TWINENGINE Conference 2020」を開催、その中で新設法人「EOTA」の設立を明らかにした。
 発表によれば、EOTAは「スタジオコロリド」、「ジェノスタジオ」、「Lay-duce」、「PEKYS」、「daisy」、「FILMONY」、「team ヤマヒツジ」の7つのスタジオ・チームを統括する。それぞれのスタジオ・チームのクリエイティブを活かし、一方で協力しながら活動を目指す。

 ツインエンジン代表取締役の山本幸治氏は、今後アニメ業界ではアニメーション制作会社の淘汰が進むと説明。そのなかでクリエイターの個性を活かした組織としてこのかたちに辿り着いたようだ。
 実際に今回発表された各組織は、いずれも独自の特徴がある。ジェノスタジオ、Lay-duceは、長年日本のアニメーション制作に主流であった手描き2Dアニメが中心のスタジオ。スタジオコロリドは、2011年に設立された若手中心のスタジオで、『ペンギン・ハイウェイ』、6月18日にNetflixで世界配信を開始する『泣きたい私は猫をかぶる』などの代表作がある。
 さらにFILMONYは、スタジオコロリドで『台風のノルダ』を監督した新井陽次郎氏が中心になって設立した。team ヤマヒツジもスタジオコロリドからスピンオフした。
 またdaisyはツインエンジンのデジタル作画部が、このほど新たにブランディングしたものだ。PEKYSはCGに特化している。

 山本氏が指摘するように、近年、アニメ業界ではアニメーション制作会社の再編、グループ化、大手企業による系列化が進んでいる。アニメーション制作費の高騰が続くなか、各スタジオに資金力が求められている事情もある。
 そのなかでクリエイターやスタジオの個性をどう残していくのが大きな課題になっている。ツインエンジンの挑戦がどんな結果をだし、アニメ業界全体に影響を与えるのかが注目される。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る