VIZメディア・ヨーロッパ ブランド名を「Crunchyroll」に刷新

クランチロール、小学館・集英社系欧州会社のVIZメディア・ヨーロッパ買収

 ヨーロッパと中東・アフリカ地域の日本アニメビジネスを展開するVIZメディア・ヨーロッパが、社名やサービスブランドを刷新する。親会社「クランチロール(Crunchyroll)」に合わせて、「Crunchyroll EMEA」に変更する。2020年4月2日、VIZメディア・ヨーロッパが発表した。
 またクランチロール(Crunchyroll)EMEAのトップには、かつてVIZメディアにも在籍したことがあるジョン・イーサム氏が就任する。ブランド名の変更は、19年12月にクランチロールがVIZメディア・ヨーロッパグループを買収したのに伴う動きだ。

 VIZメディア・ヨーロッパグループは、2007年に小学館、集英社、小学館集英社プロダクションの出資でパリを拠点に設立された。グループの米国現地法人VIZメディアのヨーロッパ版の位置づけにあった。その後、M&Aなどを通じてヨーロッパでマンガだけでなく、アニメ・キャラクターなどの幅広い事業に進出してきた。
 しかし2019年9月に、ワーナー・メディア系で米国の日本アニメ企業クランチロールが株式取得を発表、グループ会社化を実施した。小学館・集英社グループは、依然少数株主としてとどまるが、経営の主導権はクランチロールに移った。クランチロールは北米中心だったビジネスをヨーロッパや中東などに広げることが可能になる。展開領域の広いグローバル企業を目指す。会社のブランドを「クランチロール」に一本化することで、事業の一体感をアピールする。

 一方、小学館、集英社グループは、新たにマンガ出版を中心としたVME PLB SASをパリに設立した。ここを拠点にヨーロッパにおけるマンガビジネスを引き続き手がける。VIZメディア・ヨーロッパを譲渡することで、アニメ・キャラクター事業を縮小し、マンガとライセンス事業に特化する方針が見てとれる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る