経済産業省 2017年概算要求 クールジャパン機構やJLOPを盛り込む

企業ニュース

2017年度(平成29年度)の概算要求が、2016年8月31日に各省庁より財務省に提出された。このうち経済産業省の要求には、(株)海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)の予算として350億円が盛り込まれた。財政投融資を通じたものになる。
クールジャパン機構は2013年に設立された官民共同出資の投資会社である。日本のクリエイティブやコンテンツの海外支援展開を目指し、関連企業・事業への出資を行っている。これまでに、日本アニメの海外向け配信のアニメコンソーシアムジャパン、ポップカルチャー情報配信のTokyo Otaku Mode、映像ローカライズのSDIメディアグループなどに出資する。
コンテンツ産業への出資も多いが、金額的にはむしろ食やアパレル・生活用品の小売り事業がより目立つ。アジア地域での商業施設、日本食販売・レストランの海外展開などである。2019年度も「ベトナム・中東等のアジア地域の低温物流施設の保有・運営事業等」を掲げており、350億円の予算の多くは、そうした事業に向けたものになりそうだ。投資案件はこれまでに17件だが、今後も精力的な活動が続きそうだ。

このほかにも経済産業省の概算要求には、コンテンツ産業に関わるものが明らかになっている。日本コンテンツの海外発信・展開を支援として、コンテンツ産業新展開強化事業に8億2000万円が計上されている。こちらは前年度の6億5000万円からの増額となる。
また2016年度補正予算として、コンテンツグローバル需要創出基盤整備事業の60億円が盛り込まれている。こちらはコンテンツの字幕・吹替えなどのローカライズ、国際見本市への出展などのプロモーション費⽤を補助するものだ。現在は「JLOP」と呼ばれている事業にあたる。さらに権利情報データベースの構築によるスムーズな権利許諾を通じたコンテンツの海外展開の推進を目指す。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る