アニメスタジオENGI 倉敷スタジオを開設

企業ニュース

 CGを駆使したデジタルアニメーション制作のスタジオENGIが、制作体制を拡充している。2020年4月に、現在の東京・中野スタジオに続く第2スタジオ「ENGI倉敷スタジオ」を岡山県倉敷市に開設する。
 倉敷は文化と歴史の街として知られているが、その環境と地域との連携を目指す。国内外の日本アニメのニーズに対応し、その発展に寄与することを目指すとしている。

 株式会社ENGIは、2018年4月4日にKADOKAWAとサミー、ウルトラスーパーピクチャーズ3社の共同出資により設立された。KADOKAWAが株式の過半数を保有する。
 CGアニメーション分野で活躍するスタッフを多く抱えるが、「ハイブリッドデジタルアニメーション」を掲げる。セルルックのCG分野を積極的に手がける方向性が現れている。

 現在のスタッフは約70名。2019年10月から1クールテレビ放送した『旗揚!けものみち』のアニメーション制作を担当、20年7月からの新テレビ番組『宇崎ちゃんは遊びたい!』も制作するなど実績を重ねている。アニメの企画立案から制作まで、アニメ制作全般での事業を目指しているようだ。新スタジオの設立で、さらなる展開を目指すことになりそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
ページ上部へ戻る