湯浅政明監督、サイエンスSARU代表取締役社長を退任

企業ニュース

 アニメーション監督の湯浅政明氏が、2020年3月25日付でアニメ制作会社サイエンスSARUの代表取締役社長を退任したことが明らかになった。4月1日、湯浅監督が自身のTwitterアカウントで言及した。
 Twitterでは、退任後も現在サイエンスSARUで制作中の劇場アニメ『犬王』の監督を務めるとしている。作品完成後は、休養を取りながら次の準備を進める。
 湯浅政明氏は現在、NHKで放送中のテレビアニメシリーズ『映像研には手を出すな!』の監督のほか、2020年中にリリースされる小松左京のSFを原作にしたNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』の監督も務める。近年はハイクオリティの話題作を次々に発表してきたが、一旦休養を取る目的もありそうだ。

 湯浅政明監督は1965年生まれ。亜細亜堂でアニメーターとしてキャリアを積んだあとフリーとなり広く活躍した。2004年の映画『マインド・ゲーム』の監督で、一躍脚光を浴びた。その後も『ケモノヅメ』、『四畳半神話大系』などの監督をした。
 2013年に米国のテレビアニメーションシリーズ『アドベンチャー・タイム』に制作参加するのをきっかけに、アニメスタジオのサイエンスSARUを設立。自らが代表取締役社長を務めるサイエンスSARUを活動の場として、『DEVILMAN crybaby』、『夜は短し歩けよ乙女』、『夜明け告げるルーのうた』、『きみと、波にのれたら』など話題作を短期間に次々と送り出してきた。この間にアヌシー国際アニメーション映画祭、オタワ国際アニメーション映画祭でグランプリ、アニー賞でテレビ部門監督賞を取るなど、日本を代表するアニメーション監督として地位を固めた。

 サイエンスSARUは2013年2月の設立から7年、東京都武蔵市のスタジオで制作を続けている。現在の社員は約40名。デジタル制作も駆使することで、少人数でクオリティの高い仕上がりに定評がある。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る