アニプレックス落越友則氏 ソニー・ミュージック経営企画G本部長に異動

企業ニュース

 エンタテインメント大手のソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は2020年2月16日付で、グループ会社の役員、執行役員の異動を発表した。このなかにはアニメ関連会社アニプレックス、アニメスタジオのA-1 PicturesとCloverWorksも含まれる。

 アニプレックスでは執行役員専務の落越友則氏が退任する。落越友則氏はA-1 PicturesとCloverWorksの取締役も退任する。そのうえで同日付にて、SMEの経営企画グループ本部長に就任した。
 落越氏はソニー入社後、SPE・ビジュアルワークス時代からアニプレックスに関わってきた。グループ会社のA-1 Picturesにも立ち上げ時から携わってきた。『ソードアート・オンライン』、アニメ版『アイドルマスター』シリーズ、『黒執事』など多くのヒット作を手がけている。今後はSME全体との関わりが大きくなりそうだ。

 A-1 Picturesでは執行役員の鈴木将人氏も退任する。新たに田中祐二氏が執行役員に就任し、鈴木氏はソニー・ミュージックアクシス総務グループ副本部長に異動する。CloverWorksでは、伊藤亜紀子氏が、執行役員に昇格する。

 また2月17日にはグループ企業の再編も明らかにした。4月1日付でソニー・ミュージックソリューションズ(旧ソニー・ミュージックコミュニケーションズ)が、ソラシア・エンタテインメント(旧ソネットエンタテインメント)を吸収合併する。ソラシアはアジアドラマなど放送事業を中心としている。
 さらにソニー・ミュージックソリューションズは、音楽チャンネル「MUSIC ON! TV(エムオン!)」運営や出版・ウェブメイディア事業のエムオン・エンタテインメントも4月1日付で子会社とする。
 SMEは各社の放送・映像関連事業を集約することで、放送事業の経営効率化を目指す。エンタテイメントのソリューション事業を拡張するという。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開し…
  2. クランチロール
    末平アサ氏(チーフコンテンツオフィサー)インタビュー  2021年8月にソニーグループが、米国に拠…
  3.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
ページ上部へ戻る