スタジオ主体のプロデュース会社「JOEN」、CloverWorks・ウィット・アニプレ・集英社が設立

提携

 アニメーション制作の有力スタジオであるCloverWorksとウィットスタジオが、集英社、アニメ製作のアニプレックスと協力する新会社が誕生した。2022年5月30日に、4社共同出資の株式会社JOENを設立したと発表した。
 資本金は1億円、本社は東京都千代田区六番町に置き、代表取締役はCloverWorks執行役員の福島祐一氏とウィットスタジオ取締役の中武哲也氏が共同で務める。アニメーション制作の最前線で活躍するふたりが中心となって運営する。

 JOEN設立の目的は、制作スタジオが主体となってアニメ作品の企画立案から制作までをプロデュースし、さらにビジネススキームを構築することだ。質の高いアニメを継続的に制作する環境を整えた構造作りを目指す。そのうえで制作スタジオやクリエイターの貢献に合わせて利益を還元するとしている。

 CloverWorksはアニプレックスが出資するアニメーション制作会社で、同じグループのA-1 Picturesからスピンオフするかたちで2018年に設立された。『約束のネバーランド』や映画『空の青さを知る人よ』といったヒット作、話題作を多く手がける。
 ウィットスタジオはIGポートグループの中核制作会社のひとつで『進撃の巨人』や『甲鉄城のカバネリ』などを制作、高密度の映像でファンから支持が高い。設立は2012年。
 共に若いスタジオで映像づくりの定評がある一方で、現在は話題作『SPY×FAMILY』にて共同制作もしている。そうした関係の深さから、今回の協力は理解出来る。
 それでも異なる企業グループの2社が手を組む新会社の設立は異例とも言える。さらに近年事業の多角化と飛躍的な成長で注目されるアニプレックス、原作でマンガを提供し大ヒットを続ける集英社も加わるとなれば、今後の事業への期待も高くなるに違いない。

株式会社JOEN
https://jo-en.co.jp

設立年月 2022年5月30日
本店所在地 東京都千代田区六番町4番地5
代表取締役 福島祐一/代表取締役 中武哲也

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開し…
  2.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
  3. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
ページ上部へ戻る