バンダイナムコ映像音楽部門、増収増益 「ガルパン」「ラブライブ!」で牽引

ファイナンス決算

 バンダイナムコホールディングスのアニメ関連事業が引き続き好調だ。2017年2月7日に発表された同社の2017年3月期第3四半期の決算で、映像音楽プロデュース事業が増収増益を維持した。映像音楽プロデュース事業は、バンダイビジュアル、サンライズ、ランティスなどのアニメ関連を中心とした映像・音楽・制作・配信・イベントなどで構成されている。
 第3四半期の売上高は409億8000万円で前年同期比の8.5%増、営業利益は119億3300万円で18.6%増と二桁増益を実現した。これを受けて通期の売上高見込みは470億円から500億円へ引き上げる。それでも第3四半期までの売上高の進捗率は82%、さらに120億円を見通す営業利益は進捗率99%を超える。最終的には、現在の見通しをさらに上回ってくる可能性は高い。

 映像音楽プロデュース部門を牽引したのは、複数の大型ヒット作の存在だ。2015年公開された『ガールズ&パンツァー劇場版』が一年間のロングランで興行収入24億5000万円の大ヒットになった。さらに16年5月に発売されたBlu-ray/DVDを中心に関連商品も好調だった。
 「ラブライブ!」シリーズの人気も続き、映像パッケージでは「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」シリーズが好調だった。

 この結果、映像音楽のパッケージ販売は、前年同期の150億円を上回る156億円となっている。通期でも前年の178億円より13億円多い191億円を見込む。パッケージ販売は依然、バンダイナムコHDにとって大きなビジネスだ。
 一方、アニメ制作・ライセンス・配信・イベントなどを合算した他のビジネスは第3四半期まで253億円、こちらも前年同期の227億円を上回った。しかし、現時点では通期では309億円と前年の341億円を下回ると見通している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る