コミックは電子・紙とも好調で拡大 2019年出版市場が前年比増

マンガ

 全国出版協会と出版科学研究所は2020年1月24日に、2019年の国内出版市場規模を発表した。紙出版と電子(デジタル)出版を合算した市場は1兆5432億円となった。伸び率は前年比0.2%増ではあるが、両団体がデジタル出版の市場統計を始めた2014年以降で、出版市場全体で初めて成長に転じた。
 成長を牽引したのは、デジタルである。デジタル市場が高い伸びを見せて、紙出版の減少を補った。デジタルの市場比率は19.9%と、前年の16.1%から3.8ポイント上昇している。またデジタルのなかでは、コミック(マンガ)の急成長が際立った。

 書籍と雑誌を合計した紙市場全体の推定販売金額は1兆2360億円、前年比4.3%減であった。15年連続の減少で下方トレンドに歯止めはかかっていない。
 減少率がより大きかったのは雑誌で4.9%減の5637億円。それでも雑誌に分類されるマンガ単行本がアニメ化された『鬼滅の刃』のヒットなどで4%増に転じて、前年の9.3%減より下げ幅を縮小している。一方週刊誌は8.1%、ムック本は8%減と厳しい数字だ。
 書籍の金額は6723億円で3.8%減とこちらも縮小している。文庫本が厳しく、文芸、生活実用書、学習参考書も低調だったとしている。児童書は健闘した。

 デジタル市場は全体で3072億円と初めて3000億円を超えた。伸び率は23.9%増にもなった。デジタル市場の成長はマンガに支えられている。デジタル市場の84%以上2593億円が、マンガの販売額にあたる。
 他のデジタル書籍は349億円(8.7%増)、デジタル雑誌は130億円(16.7%減)となっている。デジタル雑誌の減少はシェアの高い定額制読み放題サービス「dマガジン」の会員数の減少が続いているためだ。

 デジタルマンガの伸び率は29.5%増で、一年間で市場が3割増えた計算だ。2018年4月に海賊版サイトの大手「漫画村」が閉鎖された後に、市場の拡大幅が大きくなった。また積極的なプロモーションが、新たな読者の獲得つながっているという。
 全国出版協会・出版科学研究所の算出するデジタルの市場規模は、ユーザー課金をベースに算出している。無料閲覧が出来るマンガプラットフォームなどの広告金額は含まれない。インプレス総合研究所による別調査では、2018年にはデジタルマンガだけで167億円の市場があったとされている。これを加算すれば、デジタルの市場はさらに大きなものとなる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る