KADOKAWA 中国現地法人にテンセントが出資 デジタル配信やメディアミックスを加速

企業ニュース

国内大手出版社のKADOKAWAは、中国における出版事業の体制を再構築する。広州市にある中南出版伝媒グループとの共同出資会社・広州天聞角川動漫有限公司に、あらたにテンセントグループが出資することを明らかにした。3社が協力することで、中国でのマンガ、ライトノベルの事業拡大を目指す。
広州天聞角川動漫有限公司は、2010年7月に設立された。中国におけるKADOKAWA(当時角川ホールディングス)のマンガ、ラノベの翻訳出版や現地の作家育成、オリジナルコンテンツの創出を目指していた。KADOKAWA側は香港法人のKADOKAWA HOLDINGS ASIA Ltdが49%、国営大手出版社の中南出版伝媒グループの子会社である湖南天聞動漫伝媒有限公司が51%を出資する。中国は出版などのメディアに対する海外出資の制限もあり、合弁相手が過半数の株式を保有するのが特徴になっていた。

今回の再編では、中南出版伝媒グループが全体の持株比率の41%にあたる分をテンセントのグループ会社に譲渡する。新たな持株比率はKADOKAWAが49%、テンセントが41%、中南出版が10%になる。
KADOKAWAは筆頭株主となるが、現地企業2社を合せると中国側が過半数。また、中南の持株比率は大きく下がり、テンセントの存在感が増す。

テンセントは1998年に中国・深センで設立されたIT企業だ。モバイル向けのコミニケーションツール「QQ」「微信」で急成長し、現在は多方面で事業を展開する。2015年のグループ売上高は約1兆6000億円と、中国の有数のIT企業である。
KADOKAWAは、今回の提携でテンセントの持つデジタルコンテンツ・プラットフォームを活かしたマンガやライトノベルの展開を目指す。2010年の段階では紙出版を重視した中南出版との提携であったが、それから6年、出版環境の変化を受けて軸足をデジタルに移すかたちだ。
またマンガ、ライトノベルの展開に加えて、中国市場でのメディアミックス戦略を共同で検討、推進するとしている。有力企業の力を借りることで、マーケットの拡大を目指す。

また今回の取り組みで、KADOKAWAの海外市場の拡大戦略がより鮮明になった。同社は今年4月には、米国で日本マンガ・小説の翻訳出版大手Yen Pressを子会社化したばかり。ここでは世界的な出版グループであるアシェットとの合弁事業としている。日本コンテンツを軸に、有力パートナーと組むのは中国のケースと同様だ。
また9月5日には、もうひとつ別の発表もされている。タイの総合出版社Amarin Printing and Publishingとの合弁会社設立である。日本マンガ、ライトノベルのタイ市場開拓を目指す。こちらも同様のスキームだ。KADOKAWAは北米、中国、東南アジアと多方面での海外展開を積極的に進めるかたちだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る