国際コンテンツ見本市TIFFCOM 2017年開催会場は池袋に移転

企業ニュース

 国内最大の国際コンテンツ見本市であるTIFFCOMが、2017年から開催会場を池袋に移転することになった。毎年見本市を開催する公益財団法人ユニジャパンは、2017年のTIFFCOMを10月24日から26日までの3日間、東京・池袋のサンシャイン コンベンションセンターほかで開催することを発表した。
 10月25日から11月3日までは第30回東京国際映画祭も開催される。TIFFCOMは映画祭より1日早くスタートする。

 TIFFCOMは2003年に、東京国際映画祭の併催マーケットとしてスタートした。映画のほか放送番組、アニメーション、近年は出版やインタラクティブコンテンツも取り扱う。年々規模を拡大しており、2016年は世界21ヵ国・地域から356団体の出展があり、49ヵ国・地域から1539人のバイヤーが参加、延べ来場者数は18330人といずれも過去最高となった。
 当初の会場は映画祭と同じ六本木ヒルズであったが、見本市の拡大と伴に2012年からはお台場に会場を移していた。2017年に、今度は池袋に会場を変える。

 ユニジャパンによれば、池袋は近年再開発が進んでおり、さらに「国際アート・カルチャー都市」構想を掲げている。クールジャパン・コンテンツに親和性が高いとしている。
 池袋では2017年3月には、これまで東京・日本橋で実施されてきた東京国際アニメアワードフェスティバルが移転し、開催される。さらに同年秋には池袋オータムカルチャーフェスティバルの開催も予定している。コンテンツ関連分野の大型イベントを集積させ、地域の関連産業振興や盛り上げを目指す。

 2016年は、TIFFCOMは音楽見本市TIMM、アニメーション見本市TIAFと合同して開催されてきた。しかし、今回はTIMMとTIAFについて開催発表はされていない。
 2016年に新たに渋谷開催となったTIMM、そして2016年には事実上TIFFCOMに統合されていたTIAFの今後の在りかたにも関心が集まりそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る