米国で「東京喰種」が絶好調 第1巻がNYタイムズのランキングで1年以上ベスト10に


米国では日本のマンガ・アニメが根強い支持があり、近年はインターネットを通じて日本の人気もいち早く波及する。作品のブームも、日米ほぼ同時に湧き起こる。しかし一方で、米国ならではのファンに刺さる作品も存在する。そんなひとつが、石田スイによるマンガ『東京喰種トーキョーグール』だ。
人を喰らう「喰種(グール)」が存在する街・東京で、半喰種となってしまったカネキの運命を描く。日本でも人気が高いが、米国ではとりわけマンガファンからの支持が高い。

米国では現地大手の翻訳出版社VIZ Mediaが2015年6月16日に第1巻を発売したところ、たちまち人気を呼び7月5日発表のニューヨークタイムズ紙の週間マンガランキング(日本マンガだけの部門)の1位に立った。その後発売された第2巻から第7巻まで、いずれも1位になっている。第1巻は直近のベスト10でも第10位、通算57週間連続でベスト10ランキングを維持している。その間、8回にわたりトップに輝いた。
またポップカルチャー業界のビジネス情報を提供するICv2は、2015年秋期(Top 10 Manga Franchises–fall 2015)の人気マンガベスト20で『進撃の巨人』に続いて2位とした。7月末に発表された2016年春期(Top 10 Manga Franchises–Spring 2016)でも『NARUTO』に続き2位である。『東京喰種トーキョーグール』は、今や日本マンガの米国での大ヒット作とされる『NARUTO』や『進撃の巨人』と並ぶビッグタイトルである。

飛び抜けたヒットを実現したのは、様々な理由がありそうだ。もともと米国ではゾンビやヴァンパイヤがモチーフとなった作品は人気になる傾向が強かった。また食人という衝撃的なテーマは、ここ数年日本マンガ市場を牽引した『進撃の巨人』が開拓したファンに受け入れられやすかった。
さらにマーケティングのタイミングもある。マンガ刊行の直前に展開したテレビアニメとの連動、さらに日本より単行本(グラフィックノベル)の刊行が遅れる一方で、刊行が始まるとわずか1年で6冊と矢継ぎ早の刊行でファンのニーズに応えた。
アニメでは現在新たな制作はないが、マンガでは続編、スピンオフもあり、作品は豊富だ。さらに2017年には日本で実写映画が公開される。『東京喰種トーキョーグール』が、今後どのように米国での展開を進めるのか注目される。

出版元のVIZ Mediaは、『東京喰種トーキョーグール』以外もマンガ出版が堅調である。先のICv2の2016年春期では、1位『NARUTO』、2位『東京喰種トーキョーグール』のほか、『ワンパンマン』(4位)、『ドラゴンボール』(7位)、『デスノート』(9位)と10作品のうち6作品を占めている。とりわけ『ワンパンマン』は、『東京喰種トーキョーグール』と同様に日本以上に北米での人気が高くなっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る