クランチロール・ゲームスとバンダイナムコE 海外ゲーム事業で提携

クランチロール・ゲームスとバンダイナムコE

 バンダイナムコエンターテインメント(BNE)と米国のクランチロールが、日本コンテンツの海外事業で業務提携することになった。第一弾も決定しており、マンガやアニメでも人気の『NARUTO』と『BORUTO』のブラウザゲーム「NARUTO X BORUTO 忍者 TRIBES」を2019年中に米国ファンに向けて展開する予定だ。
 BNEが配信する「NARUTO X BORUTO 忍者 TRIBES」が、クランチロールの映像配信プラットフォームからシームレスにつながる。全世界 5000 万人とするユーザーがゲームを目することで、認知度とゲームの利用を伸ばすことが期待出来る。

 BNEは、バンダイナムコグループの中核会社のひとつで、ゲームやネットワーク関連の商品・サービスを提供する。近年はネットワークを活用した分野の市場が急成長している。また子会社BXDを通じてゲームプラットフォーム「enza」を開発・運営し、さらなる事業拡大を狙っている。
 「NARUTO X BORUTO 忍者TRIBES」はBXDが今後注力する有力タイトルで、この海外プロモーションにクランチロールのゲーム事業会社Crunchyroll Games, LLCが協力するかたちになる。
 クランチロールは米国イレーションが運営する日本アニメのグローバル配信で世界最大の映像プラットフォームである。クランチロールはこれまでアニメやマンガ配信に注力してきたが、現在はさらに事業を拡大するべくゲーム分野の開拓を進めている。ネットワークゲームの大手でもあるBNEとの協力は大きなアドバンテージになるはずだ。

 今回の提携では、クランチロールのプラットフォームで登録ユーザーがアニメを視聴した後に、デバイスや画面を切り替えることなくBNEの同じタイトルのゲームにつながり遊ぶことが出来る。アニメの感動をそのままゲームプレイに運ぶ。第1弾『NARUTO』と『BORUTO』の米国のサービスになったが、今後は展開地域を拡大する予定だ。また作品タイトルも増やしていく。
 ネットワークゲームと言えば、iPhoneやGoogleのアプリが中心になりがちだ。それとは異なるブラウザゲームのプラットフォームを利用している。大手エンタテイメント企業の対アップル、対Google戦略としても注目される。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  2. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  3. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
ページ上部へ戻る