アニメ配信「アニメタイムズ」、世界120ヶ国・地域に向けてECストアをスタート

アニメタイムズストア

 Amazon プライムビデオなどで人気のアニメ専門配信チャンネルの「アニメタイムズ」が、世界に向けたアニメグッズのECビジネスをスタートする。「アニメタイムズ」を運営するアニメタイムズ社は2023年8月より、オンライン上のアニメグッズショップ「アニメタイムズストア」をスタートすると発表した。すでに7月20日にプレオープンしている。
 日本アニメの映像パッケージやグッズが日本国内だけでなく海外でも購入可能になる。地域によって商品のラインナップは変るがスタート時点で、世界約120ヵ国・地域が対象となる。グローバルな取り組みだ。

 「アニメタイムズ」は、音楽・映像大手のエイベックス・ピクチャーズのほか講談、集英社、小学館の出版3社、さらにアニメ製作・制作会社などを含めた合計14社が出資するアニメタイムズ社が運営している。アマゾンPrime Video内でアニメプレミアチャンネルを運営するほか、YouTubeにも公式チャンネルを持つ。
 チャンネルの特徴は、企業の枠組を超えることで幅広い作品を集めていることだ。人気作品や懐かしい名作アニメなどがラインナップされている。

 ECサイトへの進出は、そうした強みを配信だけでなく、新たなビジネスにつなげようとするものだ。もともと配信ビジネスは、ネット上で導線がつながることからECビジネスと相性がよいとされてきた。しかしこれまで配信プラットフォームのECサイトへの取り組みは、必ずしも活発でない。今回のショップも配信と強くつながっているわけではないが、ネット上の新たな展開としては判りやすい。
 また日本アニメは配信を通じて世界各国に人気を広げているが、周辺ビジネス、特にグッズの展開などの展開は十分ではないとされている。「アニメタイムズストア」は海外ファンのニーズを汲み取るものになる。

 商品はプレオープンの時点で、DVD、Blu-rayやCDなどの映像・音楽パッケージが約140点、アニメ関連グッズを約200点取り扱う予定だ。「ONE PIECE Log Collection」シリーズ、『テクノロイド オーバーマインド』、『Paradox Live』、『おそ松さん』、『ゾンビランドサガ』、『パリピ孔明』などが並ぶ。エイベックス・ピクチャーズの取り扱い作品が多く、パッケージ商品の揃えが多い。グランドオープン以降は商品を拡充していく。
 この他、イブイベントでの会場物販事前予約制販売機能やオンラインくじサービスなどの機能も予定している。アニメの映像・音楽パッケージ、アニメグッズだけでなく、アニメカルチャーの盛りあげを目指す。

アニメタイムズストア
https://animetimes-store.com/
プレオープン:2023年7月20日
グランドオープン:2023年8月上旬予定

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る