ポニーキャニオンが六本木一丁目に移転 虎ノ門地区再開発で

企業ニュース

 音楽・映像会社の老舗ポニーキャニオンが、ゴールデンウィーク明けの2019年5月7日より本社拠点を移転する。現在は東京都港区の住友不動産虎ノ門ビルを本社ビルとしているが、これを同じ港区六本木一丁目の泉ガーデンANNEXに移す。
 泉ガーデンANNEXは地下鉄六本木一丁目駅の徒歩圏内で、近年大型ビルの竣工が相次ぐエリア。ポニーキャニオンは新社屋は今後の業務拡大を念頭に置いたもので、「コミュニケーションからのイノベーション」をテーマにした開放感のあるオフィスとしたという。

 本社移転に伴い子会社のエグジットチューンズの本社も泉ガーデンANNEXに変る。エグジットチューンズはアニメ音楽やボカロ系、ネットに親和性の高いアーティストを得意とするレーベルだ。
 さらにニッポンプランニングセンター、ポニーキャニオンアーティスツ、ポニーキャニオン音楽出版の各社も移転となった。こちらは一足早く、4月22日に移転済みだ。しかしニッポンプランニングセンターは神谷町の虎ノ門ESビル、他3社はこれまでの本社に近い虎ノ門センタービルと拠点を分散させたかたちだ。

 今回の移転は、虎ノ門地区で急ピッチに進む再開発が理由になる。1988年以来、20年以上続く現在のビルは、11階建てのビルを全棟借り切っており便利がいい。しかし同ビルを含む一帯は、新設される日比谷線・虎ノ門ヒルズ駅と直結する虎ノ門ヒルズステーションタワーが建設される予定だ。本年中にビルは解体されるとみられる。
 一方で同じ再開発地区で先行して完成している虎ノ門ヒルズには、アニメ企画・製作のディーライツ、その親会社にあたるアサツー ディ・ケイ、またウォルト・ディズニーなどが本社を構えている。都心で活発な再開発のなかで各社のエンタテイメント関連企業のオフィス移転が活発だ。

 ポニーキャニオンは、1955年にニッポン放送の音楽関連会社として設立された。以来、フジサンケイグループの音楽部門の中核会社として多くのアーティストの楽曲を世に届けてきた。
 アニメ事業も活発で、現在はアニメクリエイティヴ本部にてアニメの企画・映像ソフト事業をてがける。『けいおん!』や『進撃の巨人』、「Free!」シリーズなどヒット作も数多い。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る