164社から選ばれたスタートアップ6社が成果発表 バンダイナムコアクセラレーター

バンダイナムコアクセラレーター

 2019年2月18日、バンダイナムコグループが実施する「バンダイナムコアクセラレーター」の成果発表会(Demo Day)が東京港区のバンダイナムコ未来研究所にて行われた。参加したのは昨年10月に実施されたビジネスプランコンテストで選出されたスタートアップ企業6社。エコーズ株式会社、合同会社MOAI設計、株式会社マインド・アーキテクト、株式会社uni’que、株式会社Lyact、株式会社TRINUSである。
 「バンダイナムコアクセラレーター」には、164社が応募、書類審査で30社に絞り込み、面談審査で13件、最終選考ビジネスプランコンテストで6社が採択された。まさに選りすぐりのスタートアップ企業である。

 プログラムの運営は、バンダイナムコホールディングスとゼロワンブースターが共同で取り組んでいる。ゼロワンブースターは起業家向け事業を得意とし、アクセラレータープログラムの運用に実績がある。
 一般にはまだ馴染みの薄い「アクセラレーター」とは、大手企業などが資金や技術・ノウハウを提供することでスタートアップ企業の成長を加速させるものだ。大企業は新しいアイディアやビジネスのシードを、スタートアップ企業は事業成長を手にするWin‐Winの関係を築く。
 バンダイナムコグループは中期計画で、「CHANGE for the NEXT 挑戦・成長・進化」を掲げている。今回のプログラムも、これに取り組む一環である。
 
 成果発表会では、「キャラクターを用いたネイルシールのオーダーメイドサービス」や「サンライズのアニメ10 作品の 1.5 次創作“サンライズ矢立文庫大賞”」、「小説やボイスブックの投稿・共有プラットフォーム」などユニークなビジネスが紹介された。驚くのは既にリリースされたアイディアも少なくないことだ。
 今回のプログラムの支援機関は2018年10月~2019年2月のわずか約4ヵ月間。このなかで新たにビジネスを創り出した。ビジネスは始まったばかりだが、いずれも今後の可能性を感じさせるのも十分だった。

 一方で、今年4月には早くも次の展開となる。第2回プログラムとして新たな参加企業の募集を開始する予定だ。プログラム自体もスピード感を持ったものとなる。
 バンダイナムコホールディングスは、2019年3月期にグループ売上高7000億円超を見込む。国内でも群を抜いた巨大エンタテインメングループである。近年の急成長は、今でも社内に多くのアイディアやベンチャースピリッツがあることを示している。
 それでも大企業になれば、身軽に動けないことも増えてくる。そうしたなかで「バンダイナムコアクセラレーター」が大きな意味を持つことになりそうだ。

バンダイナムコアクセラレーター
http://bandainamco.01booster.com/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. Syd Mead未来会議Vol. 04
     日本のSFアート、デザイン、設定を語る時に避けて通れない存在、それが「スタジオぬえ」だ。1974年…
  2. 第5回新千歳空港国際アニメーション映画祭
     2018年11月2日から5日まで、4日間にわたり開催される新千歳国際空港アニメーション映画祭の関連…
  3. 第31回東京国際映画祭
     2018年9月25日に、東京港区・虎ノ門ヒルズメインホールにて、第31回東京国際映画祭ラインナップ…
ページ上部へ戻る