14歳女子中学生がグランプリ、ぽにきゃん劇場アニメ主題歌オーディション

高島一菜さん

 ポニーキャニオンが新作劇場アニメの主題歌を担当するアーティストを決めるオーディションを実施した。グランプリを14歳で中学3年生の高島一菜さんが獲得した。高島さんはアーティスト梶浦由記さんが作詞作曲する劇場版『DEEMO THE MOVIE』の主題歌を歌う。
 応募は世界に向けて行われ、1400名以上のエントリーがあった。第三次オーディションまで6名に絞られ、7月4日に実施した「DEEMO THE MOVIE –UTAHIME AUDITION FINAL-」で高島さんは選ばれた。

 発表はもともと北米最大のアニメイベント「Anime Expo 2020」の会場でのイベントを予定していた。しかし新型コロナウイルス感染症拡大防止のためイベントが中止、オンライン上の代替イベント「Anime Expo Lite 2020」を発表の舞台に選んだ。
 7月4日10時45分(日本時間)から、現在企画・制作が進行中の『DEEMO THE MOVIE』にフォーカスしたイベントを配信。これを日本で実施されている「DEEMO THE MOVIE –UTAHIME AUDITION FINAL-」と二元中継で結ぶ凝ったものとなった。世界に向けた配信発表は『DEEMO THE MOVIE』が日本だけでなく、世界市場を狙った作品であることを感じさせる。

 『DEEMO THE MOVIE』は、全世界で2300万ダウンロードを超える人気ゲーム「DEEMO」を原作とする。ポニーキャニオンが製作、アニメーション制作は SIGNAL.MDとプロダクションI.Gが担当する。
 有力スタッフに加えて、主題歌とイメージソングをヒットメーカーの梶浦由記が手掛けるのも話題だ。今回のオーディションはこの主題歌を担当するアーティストを選ぶものだった。

『DEEMO THE MOVIE』
https://deemomovie.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る