「ちいさこべえ」がシリーズ賞、上村一夫が遺産賞 仏・アングレームで日本2冠

アングレーム国際漫画フェスティバル

 世界のマンガが集まるフランスのアングレーム国際漫画フェスティバル(Festival international de la bande dessinée d’Angoulême)2017にて、日本のマンガが大きな賞に輝いた。
 実行委員会は2017年1月29日のフェスティバル最終日に、グランプリをはじめとする9つの賞を発表した。このうちシリーズ刊行が続く作品に与えられるシリーズ賞(PRIX DE LA SÉRIE)が、望月ミネタロウの『ちいさこべ』に与えられた。また長年の功績を讃え、歴史に残すべき作家と作品を選ぶ遺産賞には上村一夫とその作品『離婚クラブ』が選ばれた。日本マンガがふたつの賞を同時に受賞する明るいニュースだ。

 アングレームはフランスの地方都市を開催地に、フランスのマンガであるバンドデシネのイベントとして1974年にスタートした。フランスにおけるマンガの国際化もあり、現在はバンドデシネだけでなく、日本のマンガ、アメリカンコミックなども広く取り上げる。
 最終日に発表されるアワードは、フランスで出版された世界各国のマンガを対象としている。栄誉ある賞として、国際的にも関心が高い。フランスでの日本マンガ普及で、2000年以降は日本作品の受賞も増えている。フランスの批評家の評価が反映され、日本のマンガ賞とはまた異なったセレクトになるのも魅力だ。

 今回、シリーズ賞となった『ちいさこべ』もそんな作品のひとつだろう。『バタアシ金魚』、『ドラゴンヘッド』で知られる望月ミネタロウが、大工の棟梁を主人公とする山本周五郎の小説を題材に、舞台を現代に置き換えてマンガ化した。
 シリーズ賞は最優秀作品賞や新人賞と並ぶ主要な賞のひとつで、日本作品の受賞は2004年『20世紀少年』(浦沢直樹)以来12年ぶりの快挙となる。今後、日本での本作に対する関心がさらに広がりそうだ。

 一方、遺産賞も、歴代の巨匠が候補に挙がる中で、一人だけが選ばれる大きな賞である。日本からはこれまで2009年に水木しげるが『総員玉砕せよ!』で受賞したのみである。
 今回上村一夫は、日本のエロスを漂わせた劇画の第一人者、開拓者としてピックアップされた。フェスティバル開催中は、その業績を回顧する展覧会も開かれている。

 このほか42作品からなる公式セレクションには『いぬやしき』(奥浩哉)、『弟の夫』(田亀源五郎)、『Sunny』(松本大洋)が、子ども向け作品のユースセレクションには『はずんで! パパモッコ』(山本ルンルン)、『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平)が候補作となっていた。しかし、残念ながら賞には届かなった。

アングレーム国際漫画フェスティバル2017
http://www.bdangouleme.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
  2. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  3. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
ページ上部へ戻る