エイベックス、米国拠点をNYからLAに 「エンタメ×テック」へ戦略転換

企業ニュース

 音楽・映像コンテンツの大手エイベックスが、米国事業の再編に動く。これまでニューヨークを中心に活動してきた米国法人Avex International Inc.を、2018年12月下旬を目途に解散する。
 また同じ12月に新たに100%出資の現地法人Avex USA Inc.(エイベックスUSA)をカリフォルニア州ロサンゼルスに設立する。新会社の取締役会長には柴田肇氏、取締役社長には長田直己氏が就任する。Avex Internationalに替わり、グループの北米事業を統括することになる。

 エイベックスによればAvex Internationalは、ニューヨークを拠点に、日本、アメリカ、アジアの異なる地域のニーズに合ったコンテンツを発掘・育成することを目指してきた。
 しかし日本やアジアと異なることの多い北米でのアーティストビジネスでの早期の収益化は困難と判断した。Avex Internationalの直近2018年3月期の売上高は6億2200万円にとどまり、売上げを大きく上回る11億6000万円の営業損失を計上している。

 引き続きエイベックスは米国市場にとどまるが、ビジネスの方向性は大きく転換する。これまでのアーティストビジネスでなく、エンタテイメントの新規事業創出を目指す。あらたにロサンゼルスを拠点にするのも、エンタテインメントビジネスやスタートアップが盛んなことから選ばれた。
 エイベックは国内でも、従来のアーティストやアニメ製作出資に加えて、VRやIP創出の技術革新を売り出している。「Entertainment × Tech」をキーワードとした取り組みをグローバル規模で目指す。エイベックスUSAにはそんな戦略が見て取れる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る