国内Hulu会員数178万人に 売上増で損失幅を縮小

ファイナンス決算

 国内の映像プラットフォーム大手の地位を固めるHuluの事業成長が続いている。Hulu(日本)を運営するHJホールディングスの親会社日本テレビホールディングの決算で明らかになった。
 HJホールディングスの2019年3月期第2四半期の売上高は97億6100万円と前年同期比12.6%増と二桁成長を維持した。利益面では第1四半期の黒字を維持できなかったが、営業損失1億2400万円、経常損失1億300万円、当期純利益1億400万円と赤字幅を大幅に圧縮した。

 売上高を押し上げたのは、収益の基盤となる有料会員数の増加である。第2四半期末(6月末)で会員数は、期初より8万人の増加、178万人となった。HJホールディングスは今期中に会員数180万人を目標に掲げるが、達成も十分視野に入る。
 一方で番組調達コストが減少したことから、利益面での改善が進んだ。HJホールディングスの損失の縮小は、日本テレビホルディングス全体の利益にも寄与した。

 期中で人気を博したのは、人気テレビドラマの見逃し配信である。『高嶺の花』、『サバイバル・ウェディング』、『ゼロ一獲千金ゲーム』が人気であった。オリジナルコンテンツでは、安室奈美恵の密着ドキュメンタリー「Documentary of Namie Amuro Finally”」が好評だった。 

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る