「モンスターストライク」YouTube限定アニメが再生1億回突破、1話平均261万回超


2015年秋に大規模な記者会見と伴に発表されたアニメ『モンスターストライク』が、当初の狙い通りの大きな人気を集めている。2016年10月10日の配信開始1周年を目前に控える中で、本作の世界累計再生回数1億回を超えた。
ミクシィ XFLAGスタジオによれば、2016年8月27日にYouTubeでの再生回数が1億回を突破した。期間中に配信された話数は全37話のシリーズ、それに7月30日から配信した長さ50分超の夏スペシャル「マーメイド・ラプソディ」である。1話あたりの平均再生回数は約261万回にもなる。

モンストアニメYouTube公式チャンネルで確認すると、2016年9月2日現在で一番見られたエピソードは、4月に配信開始した第19話「殲滅のルシファー」、543万回も再生さている。続いて第1章の最終話にあたる第14話「イザナミ死す」の438万回となる。
視聴率調査のビデオリサーチでは、視聴率1%を関東地区で18.2万世帯、関西地区で7.1万世帯、名古屋地区で3.9万世帯としている。「モンストアニメ」第19話は、三大都市圏でテレビ放送した時に、18%の視聴率を獲ったのと同じ程度の広がりとなる。
勿論、実際の視聴者は3大都市圏どころか、日本中、そして世界中に広がっているので比べようがない。しかし、その人数の多さはイメージが出来るだろう。
さらに第1話、第2話、第3話……と前半部分ほど再生数が多いのは、ネットならではの強みだ。いつでも観られるかことから、時間と伴に視聴者がどんどん積み重ねていく仕組みだ。今後もさらなる視聴者の獲得が期待出来るに違いない。

アニメ『モンスターストライク』は、ミクシィが運営する人気ソーシャルゲームをアニメシリーズ化した。アニメーション制作にスタジオ雲雀とウルトラスーパーピクチャーズ、監督に市川量也、ストーリー・プロジェクト構成に『428 〜封鎖された渋谷で〜』などで知られるイシイジロウ、シリーズ構成・脚本は『妖怪ウォッチ』や『アイカツ!』の加藤陽一とスタッフ陣の豪華さも話題を呼んだ。
さらにアニメ関係者を驚かせたのは、テレビ放送はなく、配信のみで、しかもYouTube独占としたことである。キッズ向けのアニメでテレビ放送を組まないのは大きな挑戦だが、スマートフォンを通じてゲームとアニメをつなげることでビジネスとする。
また配信にあたっては、最適な番組の長さとして1話約7分のフォーマットを採用した。これもテレビ放送とは異なるかたちだ。さらに世界同時配信のため11言語で対応する。ネット、スマホ時代ならではアニメになっている。再生1億回数突破は、そうした作品に確かなニーズがあることを示している。
アニメ『モンスターストライク』の挑戦はまだ続く。2016年12月10日に劇場版アニメ『モンスターストライク THE MOVIE』が公開予定だ。テレビアニメではなく、ウェブアニメ発の話題作は、どの程度の興行を実現できるのか、こちらも大きな関心を呼びそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る