スクエニ第1四半期増収増益でスタート 業績安定型に転換進む

ファイナンス決算

 ゲーム大手のスクウェア・エニックス・ホールディングスの2018年3月期が好調な第1四半期の業績と伴にスタートした。このほど発表された四半期決算によれば、連結売上高は570億円(11.3%増)、営業利益は128億7400万円(43.9%増)、経常利益は132億8600万円(106.1%増)、当期純利益は83億6800万円(56.8%増)と増収増益だ。
 デジタルエンタテインメント事業の伸びが大きく、出版事業や、ライツ・プロパティ事業も堅調だった。ただし前期の業績が下期偏重であったこともあり、現時点では通期では減益見通しと慎重だ。

 まだ第1四半期とスタート段階ではあるが、今回の決算からはスクウェア・エニックスHDの事業構造の変化も垣間見える。スクウェア・エニックスでは、これまで開発費の大きな大型タイトルを発売し、その直後に売上高がいっきに拡大することが多かった。これが大きな利益となる一方で、収益の発生する時期が大きく片寄り、タイトルがヒットになるかどうか、発売延期などに業績が左右されがちであった。

 今期は主力としてきた家庭用ゲーム機向けの新作タイトルは、前年同期比で減少をしている。一方で過去タイトルのリピート販売がダウンロードを中心に好調だ。開発コストの償却が終わっている旧作の好調が、利益を押し上げていることが分かる。
 同様にスマートフォン向け、PC向けブラウザーゲームの既存タイトルの好調も貢献している。こちらも安定益的収益に貢献している。多人数参加型オンラインロールプレイングゲームの人気タイトルの拡張版ディスク販売が大きく、会員数も伸びている。第1四半期の好調は一時的なものというよりも、今後の安定成長を感じさせる。
 デジタルエンタテインメント事業の売上高は441億6800万円(17.7%増)、営業利益は137億2400万円(44.9%増)である。

 出版事業の売上高は、22億9800万円(2.0%増)、営業利益は5億6300万円(6.2%増)の小幅増収増益である。マンガ単行本の売上が伸びた。
 今期はアニメ化では『王室教師ハイネ』、『賭けグルイ』、『魔法陣グルグル2』といった作品が期待される。さらに下期には大型実写映画『鋼の錬金術師』が全国する。旧作ではあるが、こちらも出版との連動が期待できる。

 ライツ・プロパティ事業は、売上高21億5900万円(52.3%増)、営業利益は5億8400万円(4.2%増)。キャラクターグッズ、音楽関連が好調だった。
 アミューズメント事業は売上高89億8800万円(13.2%減)、営業利益は6億5900万円(20.7%減)。新規タイトルのなかったアミューズメント機器販売の落ち込みが響いた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る