吉祥寺に今秋もアニメのイベント集結 アニメーション映画祭や上映会、原画展

映画ビジネスのニュース

2016年10月1日から23日まで、東京・武蔵野市の吉祥寺地区で吉祥寺アニメワンダーランド2016が開催される。イベントは吉祥寺に縁のマンガ家とアニメスタジオが地域を盛りあげようと1999年にスタートしたものだ。いまでは地域で参加するお祭りとして、地元でお馴染みとなっている。
2016年は週末を中心に様々な企画が組まれる。原画展や上映会、おもちゃ市場、プラモデル教室、スタンプラリーと子どもから大人まで楽しめるプログラムでいっぱいだ。東急百貨店吉祥寺店や吉祥寺パルコ、丸井吉祥寺店、コピス吉祥寺などでも期間に合わせたイベントが実施される。WIT STUDIO 原画展やひつじのショーンファームカフェ、わたしは真悟展などだ。様々な企業・団体の企画が緩く連携しているのが、吉祥寺アニメワンダーランドらしさだ。

イベントのスタートには、話題のテレビアニメが飛び出す。10月から放送開始する『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』の展示会が9月29日から10月5日までリベストギャラリー創で開催される。10月2日には、テレビ放送に先駆けた先行上映会も実施する。これは『Occultic;Nine』が、吉祥寺を舞台にしていることで実現している。吉祥寺のアニメ聖地化にも一役買いそうだ。
10月20日には、毎年お馴染みのアニメ監督コバヤシオサム氏をナビゲーターに迎えた「コバヤシオサムのアニメ道」も行われる。

毎年恒例になっているもうひとつの注目のイベントが、10月22日に吉祥寺シアターで開催される第12回吉祥寺アニメーション映画祭だ。応募されたインディーズ作品を上映し、アニメスタジオや専門家が講評、さらに優秀作品をグランプリなどの各賞で顕彰する。
審査委員長は編集家の竹熊健太郎氏、さらに氷川竜介氏、津堅信之氏とアニメーションの専門家が審査員に加わる。作り手からはコアミックス、STUDIO4°C、スタジオディーン、 三鷹の森ジブリ美術館、プロダクションI.G が審査に参加する。ゲスト審査員として森本晃司監督も決まっている。これまでに数多くの話題作にいち早くスポットを当ててきた吉祥寺アニメーション映画祭だけに、2016年の上映作品を待ちわびるファンも多いだろう。

吉祥寺アニメワンダーランド2016
http://www.kichifes.jp/wonderland/
第12回吉祥寺アニメーション映画祭公式サイト
http://www.kichifes.jp/animation/index.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る