東映アニメ第2Q増収増益 北米・中国、アプリゲーム、ドラゴンボールが支える

ファイナンス決算

 2018年10月26日、国内大手アニメ会社の東映アニメーションは、2019年3月期第2四半期の決算を発表した。引き続き海外事業、アプリゲーム関連が好調で、業績の拡大を維持した。
 連結売上高が前年同期比9.1%増の255億7900万円と半期としては過去最高を更新した。さらに利益面は3割増と勢いがある。営業利益79億1800万円(32.8%増)、経常利益82億1500万円(30.8%増)、当期純利益58億900万円(35.4%増)となった。いずれも過去最高である。
 
 東映アニメーションは通期連結決算の売上高を480億円と見通している。第2四半期までで進捗率は53%を超えて堅調だ。売上高では500億円の大台越えも視野に入ってくる。
 営業利益の進捗率は65%超、経常利益は66%超、当期純利益は69%超だ。今回は業績見通しの修正はないが、第3四半期には大型劇場映画『ドラゴンボール超 ブロリー』が控えている。現在の連結業績予想を超えてくる可能性は高い。

 好調を支えるのは、依然、海外事業とゲームである。海外映像部門で中国向けの映像配信権の販売本数が増加、さらに北米向けの映像配信権販売も好調で、大幅な増収となった。
 海外版権部門では、アプリゲーム『ドラゴンボールレジェンズ』の世界配信が初夏にスタートした影響が大きかった。家庭用ゲームでも『ドラゴンボールファイターズ』などがあり、大幅な増収となった。
 アプリゲームは国内版権事業も牽引する。大型ヒットになっている『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が前年を上回っただけでなく、『ドラゴンボールレジェンズ』の順調な出足も大幅な増収につながった。

 事業別では、その海外版権部門と国内版権部門を合わせた版権事業が売上高147億1900万円(13.1%増)、営業利益が69億700万円(13.3%増)と増収増益。
 一方、劇場アニメ部門、テレビアニメ部門、海外映像部門などから構成される映像製作・販売事業が売上高83億6500万円(9.1%増)、営業利益25億2800万円(150.3%増)となった。劇場アニメ部門、テレビアニメ部門とも大幅な減益であったが、海外映像部門がカバーした。
 商品販売事業は売上高21億4800万円(8.2%減)、営業利益1900万円(69.7%減)。催事などのその他事業は、売上高は4億1600万円(1.0%減)、営業損失4700万円。いずれも低調であった。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第5回新千歳空港国際アニメーション映画祭
     2018年11月2日から5日まで、4日間にわたり開催される新千歳国際空港アニメーション映画祭の関連…
  2. ラディアン スタッフ
     2018年10月からNHK Eテレで、テレビアニメシリーズ『ラディアン』の放送がスタートする。空か…
  3. Anime Expo2018
    ■ エキビジョンホール、ファンの財布が緩む理由は?  見どころの多いAnime Expoではあ…
ページ上部へ戻る