Imagica EMSの編集スタジオ「荻窪アニメーションハウス」が業容拡大

荻窪アニメーションハウス

 IMAGICAグループのIMAGICAエンタテインメントメディアサービス(Imagica EMS)が、アニメ作品関連のポストプロダクションサービスを拡張する。2023年5月10日、東京都杉並区を拠点する「荻窪アニメーションハウス」のフロア拡張をした。これまでは「澁澤荻窪ビル」の7階を使用していたが同じビルの4階に拡張し、新編集室をオープンした。
 新フロアでは、オフライン編集とオンライン編集(V編)の体制強化。またカラーマネージメント業務の強化のためHDRカラーグレーディングまで出来る編集室を新設している。増設した編集室は5.1chサラウンドのモニター環境を備え、劇場版やOTT案件への対応もする。竹芝メディアスタジオや汐留サウンドスタジオとも連携したトータルサポートを目指すことになる。

 Imagica EMSは映像・音声の編集やDCP作成、コンテンツ流通・配信など各種映像技術サービスを手がける大手企業だ。なかでもアニメ分野を得意とし、2013年にアニメスタジオが多く集積する荻窪に「荻窪アニメーションハウス」を設立した。アニメーションに特化したポストプロダクションを提供する。これが順調で2017年には近隣に「荻窪アニメーションハウス はなれ」も設立している。
 近年はアニメーション制作量が増えていることもあり、アニメのポストプロダクションのニーズも拡大している。今回はさらに業容を広げることで、そのニーズに応えることになる。

荻窪アニメーションハウス 
https://www.imagica-ems.co.jp/service/animation/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る