セガサミーグループが本社機能移転 大崎の大型ビルに社員6500名

セガサミー

 セガサミーグループが、2018年5月に本社機能を品川区大崎の住友不動産大崎ガーデンタワーの集約を発表した。8月6日にはグループ本社を移転、順次入居を開始する。
 移転するグループ会社は、セガサミーホールディングスやセガゲームス、サミー、アトラスなどグループ全20社になる。また新ビルで働くグループ社員は、約6500名。エンタテイメント企業の拠点としても国内有数の規模だ。
 ゲーム、遊技機、ネットワーク関連のグループ会社が集結する一方で、トムス・エンタテインメント、テレコム・アニメーションフィルムといったアニメ事業部門の関連会社は引き続き、東京都中野区の現在の拠点にとどまる。現在の制作環境や業界のネットワークを優先したかたちだ。渋谷区神宮前のトムス・ジーニーズ、品川区天応洲のマーザ・アニメーションプラネットも同様だ。

 新オフィスとなる住友不動産大崎ガーデンタワーは、JR山手線大崎駅から6分程度。大型ビルの開発が進む大崎地区でも目を惹く大型ビルである。住友不動産のプロジェクトとして建設が進められたが、ワンフローが1600坪と同社の都内のビルのなかで最も広い巨大さが特長である。24階建てのうち、半分にあたる12フロアーをセガサミーグループが使用する。
 専有面積は6万4000㎡にも及び、通常の業務エリアのほかコワーキングスペースや最大500名収容のカンファレンスルームも設けられる。2000名収容の食堂は、グループで共用することで効率化を図ると同時に、コミュニケーションの活性化も狙っている。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る