Hulu 18年第2四半期 売上げ2ケタ増加も赤字 積極投資続く

ファイナンス決算

 映像配信プラットフォームHuluを運営するHJホールディングスの2018年3月期第2四半期の決算が明らかになった。持ち株会社日本テレビホールディングスの決算発表と合せて公開された。発表資料によれば、HJホールディングスの第2四半期までの売上高は86億7100万円、前年同期で10.9%増と二桁成長である。
 売上げの拡大は、会員数の伸びに支えられた。2017年9月末の会員数は155万4445人、四半期で6633人の増加であった。2016年9月末の会員数は145万2000人であったから、一年で約7%、10万人の会員が増加したことになる。
 会員数の増加には、オリジナルコンテンツが力を発揮している。第2四半期までには計上されなかったが、2017年10月1日には人気アーティスト・安室奈美恵のオリジナルドキュメンタリーの配信を開始したところ、一日で1万2000人以上のユーザー登録があったとしている。

 しかし事業の順調な拡大は続くが、依然赤字が続いている。第2四半期の営業損失は17億8700万円、経常損失17億7000万円、当期損失18億9400万円とその水準は大きい。前年同期の営業損失6億2400万円、経常損失4億2300万円、当期損失4億2400万円からも大きく拡大した。
 前年までは赤字幅は縮小傾向であったが、短期的な収支の均衡でなく、積極的なシステム投資、コンテンツ投資によるユーザーの獲得を優先しているためとみられる。
 積極的投資の背景にあるのが、7月に実施されたHJホールディングスの第三者割当増資である。これまでは日本テレビが全ての株式を保有していたが、これにHulu,LLC(米国)とヤフー、東宝、讀賣テレビ放送、中京テレビの5社が株主に加わった。資本増強に加えて、強力のパートナーを得ることで事業の拡大を目指すことになる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る