バンダイナムコ第2Q増収減益 ドラゴンボール好調、映像音楽パッケージは大幅減

ファイナンス決算

 2017年11月7日に発表されたバンダイナムコホールディングスの2018年第2四半期決算の連結売上高は近年の好調を維持した。連結売上高は3088億4600万円と前年同期比4.8%増となっただけでなく、期初予想の2950億円を上回った。スマホアプリゲームのコンテンツや、海外向けの家庭用ゲームソフトが好調だったためだ。
 営業利益は349億4100万円(10.2%減)、経常利益は356億9000万円(6.8%減)、当期純利益は281億9600万円(6.5%減)とマイナスになった。こちらも期初予想を大きく超えた。おおむね堅調な上半期の半年間であった。

 好調な理由は、ワールドワイドで大ヒットとなったスマホアプリゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」のヒットが大きい。
 作品IP別で見た売上げで「ドラゴンボール」は431億円、前年同期の196億円の倍以上の伸びを見せた。362億円から327億円に減少した「ガンダム」、170億円から144億に減少した「ワンピース」をカバーしたかたちだ。

 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」は、ネットワークエンターテイメント事業にとりわけ大きな影響を与えている。スマホアプリゲームでは、このほか「ワンピース トレジャークルーズ」や「アイドルマスター」シリーズもあった。
 また、ヨーロッパで「TEKKEN(鉄拳)7」がよく売れた。売上高は1903億3600万円(13.8%増)、営業利益は257億8800万円(7.0%増)。

 アニメ関連事業の割合が大きい映像音楽プロデュース事業は鈍かった。売上高は233億9200万円(15.0%減)、営業利益は55億1700万円(31.5%減)である。「機動戦士ガンダム」シリーズや「ガールズ&パンツァー」シリーズ、またライセンス収入が大きかった「ラブライブ!」シリーズが主力IPとなった。
 しかし、DVD、Blu-ray、CDなどのパッケージ販売の落ち込みが大きかった。上半期売上高は67億円と前年同期比で38%減である。一方でアニメーション制作、ライセンス、配信、イベントなどは166億円と全年並みにとどまった。映像音楽プロデュース事業における、全体のパッケージ依存が弱まっている。

 トイホビー事業も弱含みだった。売上高は981億3500万円(5.5%減)、営業利益は55億5700万円(36.7%減)。「ガンダム」シリーズが減少した一方で、「仮面ライダー」シリーズが伸長した。また「妖怪ウォッチ」は落ち込みが大きかった。   
 そのほか事業は売上高128億9400万円(1.2%減)、営業利益は2億1800万円(62.6%減)である。
 通期では売上高は好調だった前年並みの6200億円を目指す。また利益は微減を見込む。営業利益は570億円、経常利益は580億円、当期純利益は400億円を見通す。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る