Hulu第1四半期好調 有料会員数過去最高を更新で売上高20%増

ファイナンス決算

 国内映像配信プラットフォーム大手のHuluの成長が続いている。2021年7月30日に発表された日本テレビホールディングスの2022年3月期第1四半期決算では、同じ時期のHuluホールディングスの業績も明らかにしている。Huluホールディングスは、Huluの運営会社にあたる。
 第1四半期のHuluホールディングスの売上高は80億円、前年同期比で20.7%増、13億6300万円増加した。また営業利益は2億9700万円で黒字に浮上、営業利益は2億9700万円、経常利益は3億400万円、当期純利益は2億9600万円。

 2014年の日本テレビの事業継承後数年は巨額の赤字が続いたが、安定的に利益を生み出すようになっている。有料ユーザーの人数は、近年は公表されていない。しかし売上高とサービス料金からはおよそ300万人に近づいているとみられる。国内定額課金配信サービスでは上位グループの一角となっている。日本テレビは有料会員数が過去最高を更新したとしている。こちらの増加ペースが続いている。
 Huluの特徴は日本のテレビドラマやバラエティ番組の充実だろう。またグループ放送局が製作に参加する『名探偵コナン』でも強みを発揮している。外資系プラットフォームとまた違った魅力でユーザーを集めている。

 映像配信ビジネスの日本テレビの好調は定額課金型のサービスだけでない。決算では広告のついた無料配信のビジネス(AVOD)の拡大も報告している。地上波民放キー局を中心にするTVerが中心になるが、こちらも大幅な増収となった。いずれも配信拡大のトレンドに乗ったかたちだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る