TV局系パッケージメーカー苦戦 第2Qポニキャン赤字拡大、バップ減収減益

ファイナンス決算

 日本テレビホールディングスのグループ企業バップ、フジ・メディア・ ホールディングスのグループ企業ポニーキャニオン。ふたつの放送局系の映像音楽企業の決算が明らかになっている。いずれも音楽、映画、テレビドラマの他にアニメ作品も多く手がける企業だ。
 しかし、両社とも映像・音楽のパッケージビジネスの逆風もあり、冴えない業績となった。ポニーキャニオンは営業損失が拡大、バップは減収減益となっている。

 ポニーキャニオンの売上高は、ほぼ前年並みの160億2100万円(0.9%増)だった。配信向けの販売やライセンス収入が堅調に推移した。
 一方で営業損失が8億4800万円と前年同期の2億6900万円より大幅に拡大した。期中はアニメでは話題作『進撃の巨人』シーズン2、洋画ではヒットミュージカル『ラ・ラ・ランド』などをラインナップしていた。しかし映像パッケージ(DVD、Blu-ray)の売上高が当初見込みを下回った。加えて、在庫の廃棄損失を計上したことが響いた。これに伴いポニーキャニオンは、営業利益の通期予想を当初見通しより6億円引き下げた。
 第3四半期以降は、引き続きパッケージ(DVD、Blu-ray、CD)以外の事業の拡大を目指す。アニメでは『ボールームへようこそ』などの話題作が登場する。

 バップの業績も伸び悩んだ。売上高64億3000万円は、前年同期比で7.5%減。営業利益は3億8500万円(36%減)、経常利益は4億7600万円(31.6%減)、当期純利益は3億4300万円(43.8%減)と、いずれも前年を下回った。
 期中は、アニメでは「それいけアンパンマン」シリーズ、「ルパン三世」シリーズ、劇場アニメ『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』といった作品の映像パッケージを取り扱った。またグループ会社の日本テレビが、32億円を超える興行収入となった映画『メアリと魔女の花』の主幹事を務めている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る