広島国際アニメーションフェスティバル 2018年の開催日程決定 8月23日から27日

企業ニュース

 2年に一度開催される広島国際アニメーションフェスティバルの2018年の日程が定まった。8月23日(木)から27日(月)まで5日間、広島市内のJMSアステールプラザをメイン会場として実施する。
 広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会、広島市、公益財団法人広島市文化財団が主催、さらに国際アニメーションフィルム協会日本支部(ASIFA‐Japan)が共催する。期間中は各国からの応募作品を対象にしたコンペティション、特集上映、プレゼンテーション、さらに展示やエデュケーショナル・フィルム・マーケットなどの企画も用意される。

 広島国際アニメーションフェスティバルは、1985年にスタートした。世界には多くのアニメーション映画祭があるが、歴史の古さでは指折りだ。長い歴史だけでなく、質の高さでも定評がある。前回第16回(2016年)には、世界78ヵ国・地域から2248作品もの応募があった。アヌシー、オタワ、ザグレブと並び世界4大アニメーション映画祭と称される理由でもある。
 映画祭は作家性の高い作品が中心となっており、コンペティションには長編はなく、短編部門のみとなっている。また2年に一度ということもあり、幅広い作品が集まる。作品の募集要項もすでに発表されている。2018年2月1日から4月1日(必着)を受付期間としている。郵送だけでなく、オンラインでの応募も可能だ。
 応募された作品の中から、審査を通過した作品を公式上映する。さらに映画祭期間中にグランプリ、ヒロシマ賞、デビュー賞、木下蓮三賞、観客賞の各賞が選ばれる。

 映画祭の特集企画も一部発表されている。近年の世界の秀作・傑作を集める「ベスト・オブ・ザ・ワールド」、日本で観る機会の少ない短編を集めた「アニメーション・フロム・ザ・ワールド」、世界の学生作品を集めた「学生優秀作品特集」など。グローバルに目を広げたものが多い。
 平和や子どもがテーマになるのも、広島ならではであろう。「平和のためのアニメーション」、「子どものためのアニメーション」、「世界の子供たちが作るアニメーション」もある。
 毎回、参加型の企画も多数実施される。詳細は、映画祭の公式サイトで随時更新される。

広島国際アニメーションフェスティバル
http://hiroanim.org/ja2018/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る