京楽グループがアニメブランド“MAGNET”発表 第1弾に「HUMAN LOST 人間失格

企業ニュース

 京楽産業ホールディングスを中心に幅広いエンタテインメントを手がける京楽グループが、アニメビジネスにさらに力を入れて行く。7月6日、京楽グループはアニメなどの映像作品の企画・プロデュースをするエンタテイメントブランド「MAGNET」を発表した。
 MAGNETブランドを用いて製作に参加する。第1弾作品は2019年公開の映画『HUMAN LOST 人間失格』になる。本作を皮切りに、今後は自社出資の作品を「MAGNET」として紹介していく。京楽グループのアニメへのさらなる積極進出になる。
 『HUMAN LOST 人間失格』は、太宰治の傑作『人間失格』を題材に、スーパーバイザーに本広克行、監督に木﨑文智、ストーリー原案・脚本に冲方丁が参加する話題作。昭和111年の東京を舞台にしたアクションたっぷりのサイバーパンクSFとして、CGアニメの雄であるポリゴン・ピクチュアズが映像制作を担当した。

 京楽グループは、パチンコ・パチスロ関連事業の大手。またテレビ番組制作やゲーム企画・開発・運営などのエンタテインメント事業を広く手がける。アニメ音響制作のダックスプロダクションもグループ会社にしている。
 またかねてよりアニメ作品への製作出資もしてきた。「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System」シリーズ、『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』、『ゆるゆり、』などの代表作がある。そうした作品を今後は、「MAGNET」で統一する。

 7月6日には特設サイトもオープンした。サイトによればMAGNETは、「MANGA」「ANIME」「GAME」「NOVEL」「ENTERTAINMENT」との頭文字が組み合わせている。5つの要素を合わせた強力なコンテンツを創るとしている。アニメの他にもコンテンツの窓口業務やヴァーチャルアーティストのライブ事業も手がける。
 これまでにもアニメビジネスには関わってきたが、ブランド設立でさらに積極的にアニメを目指すことになる。新たな大企業のアニメ本格参戦は、業界にも大きなインパクトを与えそうだ。

MAGNET http://www.kyoraku.co.jp/magnet/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  2. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  3. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
ページ上部へ戻る