セガサミーHD第1Q遊技機で業績急伸 アニメ・玩具も売上げ増加

ファイナンス決算

 エンタテイメント大手のセガサミーホールディングスの2018年3月期決算第1四半期が、大幅な増収増益でスタートを切った。17年8月3日に発表された連結決算では、売上高が1072億7700万円と前年同期比で51.9%増と大きく伸びた。また、営業利益は166億1800万円(443.9%増)、経常利益は162億5000万円(444.3%増)、そして純利益は115億3600万円(180.6%増)になった。
 遊技機の売上げと利益が拡大したほか、エンタテイメントコンテンツも売り上げを伸ばした。しかし、リゾード事業は、屋内型テーマパーク事業の開発・運営会社株式の一部売却したことなどから減収となり、また営業赤字だった。

 遊技機事業の売上高は549億3500万円(158.6%増)とおよそ2.5倍に広がった。営業利益も147億6100万円となる。主力タイトルの「北斗の拳」シリーズの『ぱちんこCR北斗の拳7 転生』が好調だった。
 第2四半期以降は、「北斗の拳」シリーズの新作『パチスロ北斗の拳 新伝説創造』や『ぱちんこCR攻殻機動隊S.A.C.』に期待をかける。
 リゾート事業は宮崎のフェニックスリゾートと、韓国・仁川にオープンしたパラダイスサミーが中心となる。売上高は20億6200万円(23.4%)の減少。また営業損失が7億3500万円と赤字体質から抜け出せない。

 ゲーム、アニメ、玩具などから構成されるエンタテインメントコンテンツ事業は、『ペルソナ5』が海外でヒットしたパッケージゲームの売上げが35%増となったほか、映像・玩具も21%増であった。
 売上高は502億7800万円(7.7%増)、営業利益は37億1700万円(24.8%減)。利益の減少はパッケージゲームで大型タイトルの開発費が発生したためだ。
 映像・玩具では、引き続き「名探偵コナン」シリーズが牽引している。劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』がシリーズ過去最高の興行収入となっている。今後は映画配給収入も見込む。また劇場版『名探偵コナン』のビデオ配分も大きい。売上高は51億円(21%増)、営業利益は1億円。

 第2四半期以降については、好調だった遊技機事業の販売が上期に販売が集中していること、下期より各種規制の変更が予定されていることから慎重だ。通期連結予想は、売上高3800億円(3.6%増)、営業利益は200億円(32.3%減)、経常利益は160億円(43.9%減)、当期純利益は110億円(60.2%減)としている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る