東京アニメセンター in DNPプラザ 市ヶ谷にオープン 企画展示第一弾はタツノコプロ

東京アニメセンター in DNPプラザ

 日本のアニメ文化を国内外に広く発信する拠点が、東京新宿区の市ヶ谷に2017年10月28日(土)にオープンする。東京アニメセンター in DNPプラザである。センターは2006年3月から2017年7月までの10年以上、秋葉原UDXビルで運営されてきた東京アニメセンターが移転、そのノウハウを引き継ぐ。
 新たに大日本印刷(DNP)が、一般社団法人 日本動画協会と共同運営する。新しい拠点となった市ヶ谷の建物は、DNPが運営するDNPプラザの中に位置する。
 オープン前日となった26日には、施設オープンの記者会見が開催され、日本動画協会理事長の石川和子氏らが挨拶をした。また、メディアや関係者に施設も披露された。
 
 秋葉原の東京アニメセンターは秋葉原の真ん中にたっぷりしたスペースを取っていたのが印象的であったが、新施設もかなり広めになっている。地下一階ではあるが、明るいエントランスから入り、そのまま一部が吹き抜けになっており、暗さは感じさせない。
 さらにこの吹き抜け部分がショップとして活用され、その奥が展示スペース、さらに奥に進むとデジタル作画の体験コーナーになっている。高い天井は、企画展示映えがして、使い勝手もよさそうだ。

 その企画展の第一弾として、オープンと同時に「タツノコプロ コレクション 2017」展が始まる。今年で55周年を迎えた老舗プロダクションの歴史と作品、それに最新作を紹介する。パネルでスタジオの歴史を追うと同時に、多彩な最新作が並んだのが印象的であった。
 『infini-T Force』、『タイムボカン 逆襲の三悪人』、『Wake Up, Girls! 新章』、『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』、『アイドルタイムプリパラ』など作品の幅の広さに驚かされる。巨大なスクリーンやフォトスポット、大型パネル、スタッフや声優からのメッセージと、展示の内容も楽しい。

 センターでは、DNPが開発するVR(Virtual Reality)やAR(Augmented Reality)などの新しい鑑賞技術や最新の印刷技術も活用するという。デジタル分野の新技術を盛り込むのが、新しい試みだ。
 デジタル作画の技術紹介、体験も、新技術を得意とするDNPらしい展示だ。アニメ業界の技術革新は、こんなところにまで押し寄せていると思わせあところも、新しかった。

東京アニメセンター in DNPプラザ
https://animecenter.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る