NYコミコン、PAX のReedPOPがMCMグループを買収 ロンドン・コミコンなどが加わる

企業ニュース

 世界的なイベントオーガナイズ企業リード エグジビション(Reed Exhibitions)のポップカルチャー分野での躍進が続いている。2017年10月23日、リード エグジビションは、英国最大のポップカルチャーイベント運営会社MCMの買収を発表した。リード エグジビションのポップカルチャー部門ReedPOPとMCMが運営するイベントの事業を統合する。
 ReedPOPは、ニューヨーク・コミコンやPAXブランドのイベント、スター・ウォーズ・セレブレーションなどを保有する世界最大のポップカルチャーイベントの運営事業者である。一方MCMは、MCMロンドン・コミコンを筆頭に、英国内のバーミンガム、マンチェスター、グラスゴー、リバプール、ベルファーストの各地でコミコンイベントを開催する。その動員数の総合計は、年間約30万人に達する。MCMコミコンが加わることで、ReedPOPのラインナップは大幅に強化される。また英国での存在感をいっきに高める。

 リード エグジビションは、世界的なイベントオーガナイザーで、国際番組見本市MIPCOMなど数々の大型イベントを主催する。長年、BtoB向けを主に運営してきたが、2000年代に入り、コミックや映画・テレビ番組、ゲームなどのファン向けイベントの成長性の高さに目をつけた。そこでポップカルチャーの専門部署としてReedPOPをスタートさせた。現在では30以上のイベントを運営する。
 特に国際展開に熱心で、中国・上海、韓国・ソウル、インド・ハイデラバード、インドネシア・ジャカルタ、フランス・パリ、イタリア・ベネチアで、コミコンイベントを開催する。その成長は急激で、2006年にスタートしたニューヨーク・コミコンは本年の来場者数が過去最高の20万人(実数)を超え、推定来場者13万人から14万人の伝統あるサンディエゴ・コミコンを大きく上回る。いまでは全米最大のポップカルチャーイベントとなった。

 イベントの成長は、個別イベントの規模に限らない。過去数年で開催イベントは急増しており、10月2日には2018年よりフィラデルフィアで新たにキーストーン・コミコン(Keystone Comic Con)を開催することを発表した。2018年9月14日から16日までペンシルヴァニア・コンベンションセンターで実施する。
 また2014年には、オーストラリア最大のポップカルチャーイベント運営のOZコミコンも傘下に収めている。今回のMCM買収は、これに続くものになる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る