映画「ふれる。」2024年秋公開 長井龍雪×岡田麿里×田中将賀の最新作

「ふれる。」

 数々の人気アニメを世に届けてきた監督・長井龍雪、脚本・岡田麿里、キャラクターデザイン・田中将賀の最新アニメプロェクトが製作発表された。長編劇場アニメ『ふれる。』である。2024年秋に東宝とアニプレックスの共同配給で公開される。
 2023年12月6日の製作発表と同時に公式サイトが公開、特報映像が配信、ティザービジュアルも公開された。ビジュアルは奇妙な小さな動物を一緒に運ぶ顔の見えない3人の人物、ただし物語の全容は明らかにされていない。

 長井龍雪監督の言葉によれば、言葉で上手くコミュニケーションできない少年が不思議な力を持つ生き物と出会い、それにより繋がった三人のお話とのこと。また登場人物たちは少年でなく、大人になった青年達だという。通常だったら主人公になりえない人物にフォーカスしたとしている。これまでになかったアニメ映画を目指しているようだ。
 監督の長井は『ハチミツとクローバー』から『とある科学の超電磁砲』、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』まで幅広い作品を手掛けてきた。脚本の岡田麿里は自身も『さよならの朝に約束の花をかざろう』、『アリスとテレスのまぼろし工場』を監督する実力派。キャラクターデザインを務める田中将賀は、『君の名は。』や『すずめの戸締まり』のキャラクターデザインでも知られる。大物3人だ。

 同時に3人は2011年からテレビアニメ『とらドラ!』を起点に、ヒット作、話題作を作りだしている強力タッグとしてお馴染みだ。
 特に2011年の『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、2015年の映画『心が叫びたがってるんだ。』、2019年の『空の青さを知る人よ』は、いずれも埼玉県秩父を舞台にし、秩父三部作とされる。いずれも機微の細かな思春期の少年少女の心の動きが特徴だ。多くのファンを泣せ、その心をしっかりと掴んできた。
 製作幹事にはアニメ製作大手のアニプレックスと共に、『すずめの戸締まり』や『バブル』、山田尚子監督『きみの色』などの手がけるSTORY inc.も加わっている。アニメーション制作はCloverWorks、配給は東宝・アニプレックスと大きな枠組みの作品となりそうだ。

『ふれる。』
2024年秋公開
https://fureru-movie.com/

監督: 長井龍雪
脚本: 岡田麿里
キャラクターデザイン: 田中将賀
制作: CloverWorks
製作幹事: アニプレックス・STORY inc.
配給: 東宝・アニプレックス

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る