コンテンツ東京 2018年は開催時期4月初旬に移行で1.5倍規模を目指す

企業ニュース

 コンテンツ関連の7つの見本市で構成される「コンテンツ東京」の開催時期が、2018年より大きく異動することになった。2017年までは6月下旬の3日間のスケジュールであったが、「コンテンツ東京 2018」は、4月4日(水)から6日(金)までの3日間を予定する。リード エグジビジョン ジャパンが引き続き主催する。
 また会期は変更したことで、規模を従来の1.5倍に拡大する。2017年は7つの見本市に併催の「AI・人口知能 EXPO」も含めて合計8万人以上の来場者、1万人超のセミナー受講者があった。

 コンテンツ東京は、2017年で7回目を迎えた「ライセンシングジャパン」を初め「クリエイターEXPO」、「映像・CG 制作展」、「コンテンツ配信・管理ソリューション展」、「コンテンツマーケティングEXPO」、「先端デジタル テクノロジー展」、「グラフィックデザイン EXPO」から構成される。
 近年のコンテンツビジネスの盛り上がりもあり盛況だ。2017年は世界25か国から1680社が出展した。開催規模の年々大きくなっており、およそ2ヵ月の開催前年も会場の確保が目的とみられる。
 アニメーションについても、キャラクターや映像のライセンス、映像・CGの制作とその技術、クリエイターなどの関連分野を広くカバーしている。新しいビジネスに出会う場として活用されている。

コンテンツ東京 http://www.content-tokyo.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  2. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  3. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
ページ上部へ戻る