IMAGICA 荻窪のアニメーションハウスを増強、新拠点設立

企業ニュース

 IMAGICAが、アニメーション制作サポートをさらに強化する。2017年7月7日に、東京杉並区上萩に、アニメーション制作をトータルサポートする新拠点「IMAGICA荻窪アニメーションハウス はなれ」を開設した。
 IMAGICAはアニメーション制作のサポートに特化した「荻窪アニメーションハウス」を2013年12月にオープンしている。今回の「はなれ」は、そうした体制をさらに増強する。従来の「荻窪アニメーションハウス」と同様、荻窪駅にほど近い立地だ。

 IMAGICAは映像関連事業の大手、とくにポストプロダクションは国内最大手で、撮影や編集には定評がある。東京・五反田の本社や赤坂、品川などに拠点を持つ。
 一方で、近年、映像業界においてアニメーション制作が拡大しており、ポストプロダクションのニーズが増している。荻窪アニメーションハウスは、そうしたニーズに対応すべく、アニメスタジオの多い東京西部地区に置かれている。
 IMAGICAによれば、荻窪アニメーションハウスは当初の予定を上回る反響を得ているという。また、過去数年で、大手・有力スタジオが荻窪に新たな拠点を設けるケースが増えており、アニメーション制作の一大拠点になっている。「はなれ」の新設は、そうした状況も背景にありそうだ。

 「はなれ」をオープンしたことで、荻窪でライン編集からオンライン編集、配信用ファイル作成作業までのトータルコーディネートが可能になった。また、IMAGICAは、24 時間出し入れ可能な素材POST を設置することで、柔軟なスケジュール調整に対応する。
また、昨年10 月より荻窪アニメーションハウスで開始した配信用ファイル作成により、国内だけでなく、海外、またゲーム用などの様々な種類のファイル化を手がける。アニメビジネスの多様化にも、応える方針だ。

荻窪アニメーションハウス はなれ
営業開始:2017年7月7日(金)
所在地:東京都杉並区上萩1-15-5 矢嶋ビル2F

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る