IMAGICA 荻窪のアニメーションハウスを増強、新拠点設立

企業ニュース

 IMAGICAが、アニメーション制作サポートをさらに強化する。2017年7月7日に、東京杉並区上萩に、アニメーション制作をトータルサポートする新拠点「IMAGICA荻窪アニメーションハウス はなれ」を開設した。
 IMAGICAはアニメーション制作のサポートに特化した「荻窪アニメーションハウス」を2013年12月にオープンしている。今回の「はなれ」は、そうした体制をさらに増強する。従来の「荻窪アニメーションハウス」と同様、荻窪駅にほど近い立地だ。

 IMAGICAは映像関連事業の大手、とくにポストプロダクションは国内最大手で、撮影や編集には定評がある。東京・五反田の本社や赤坂、品川などに拠点を持つ。
 一方で、近年、映像業界においてアニメーション制作が拡大しており、ポストプロダクションのニーズが増している。荻窪アニメーションハウスは、そうしたニーズに対応すべく、アニメスタジオの多い東京西部地区に置かれている。
 IMAGICAによれば、荻窪アニメーションハウスは当初の予定を上回る反響を得ているという。また、過去数年で、大手・有力スタジオが荻窪に新たな拠点を設けるケースが増えており、アニメーション制作の一大拠点になっている。「はなれ」の新設は、そうした状況も背景にありそうだ。

 「はなれ」をオープンしたことで、荻窪でライン編集からオンライン編集、配信用ファイル作成作業までのトータルコーディネートが可能になった。また、IMAGICAは、24 時間出し入れ可能な素材POST を設置することで、柔軟なスケジュール調整に対応する。
また、昨年10 月より荻窪アニメーションハウスで開始した配信用ファイル作成により、国内だけでなく、海外、またゲーム用などの様々な種類のファイル化を手がける。アニメビジネスの多様化にも、応える方針だ。

荻窪アニメーションハウス はなれ
営業開始:2017年7月7日(金)
所在地:東京都杉並区上萩1-15-5 矢嶋ビル2F

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  2. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  3. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
ページ上部へ戻る