松竹第2四半期は増収増益 アニメ配給は7本、「劇場版 黒子のバスケ」がヒット

ファイナンス決算

 映画会社の松竹は10月3日に、2018年2月期第2四半期決算を発表した。映画興行と歌舞伎を中心とする演劇事業が好調で、期初当初の予想を上回るペースを維持している。
 連結売上高は493億8400万円(3.3%増)、営業利益が48億100万円(15.2%増)、44億4400万円(19.6%増)、当期純利益は26億3300万円(13.4%増)。増収増益となっている。

 映画関連事業は売上高289億5200万円(5.2%増)、セグメント利益が26億9300万円(同12.4%増)だった。
 第2四半期までの配給事業は邦画11本、洋画4本だが、加えてアニメが7本と多いのが特長となっている。なかでも17年5月に全国公開された『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』が大きなヒットとなった。また実写映画『東京喰種トーキョーグール』、『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』といった話題作を手がけている。
 興行事業は『美女と野獣』のヒットなどが牽引した。また映像ソフト、テレビ放映権販売、海外向け販売、CS放送事業も堅調だった。

 演劇事業の売上高は123億2600万円(3.8%増)、セグメント利益が10億400万円(32.6%増)である。こちらは「團菊祭五月大歌舞伎」、「七月大歌舞伎」、「八月納涼歌舞伎」といった歌舞伎が盛況であった。

 第2四半期までで堅調に推移するが、通期連結業績予想は変更せずに据え置いている。当初は今期中に配給を予定していた自社制作の実写映画「曇天に笑う」が2017年中から2018年3月に公開を延期した影響も考慮した。
 唐々煙の人気マンガを原作にする『曇天に笑う』は、これまでテレビアニメ化、舞台化などもされ人気を博している。実写映画では、人気俳優の福士蒼汰を主演にし、実写映画『亜人』がヒットになっている本広克行が監督を務める。全国拡大ロードショーを予定している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る