広島国際アニメーションフェス グランプリに韓国チョン・ダヒ監督の「空き部屋」


2016年8月18日から22日まで開催された第16回広島国際アニメーションフェスティバルで、コンペティションの受賞作品が、最終日22日に発表された。このうち最も注目されるグランプリには、韓国のチョン・ダヒ監督の『空き部屋:The empty』が輝いた。
『空き部屋』は愛する人が過ぎ去った部屋とその思い出を2Dアニメーションで描いた。「繊細で洗練された名作」と、受賞理由は説明されている。
チョン・ダヒ監督は2014年に『椅子の上の男:Man On The Chair』でアヌシー国際アニメーション映画祭でもグランプリ、日本の文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞するなど、これまでも数々の賞に輝いている。広島での受賞は、傑作を作りつづける実力を証明し、これまでの実績をより確かなものにした。また作品の制作にあたっては、フランスのプロダクションSacrebleu Productionsも参加した。

一方で、愛と平和を掲げた作品を顕彰するヒロシマ賞は、ロシアのアンナ・ブダノヴァ監督の『アモング ザ ブラック ウェーヴズ』が、デビュー賞にはフランスのガブリエル・アレルの『ユル アンド ザ スネーク』、 木下蓮三賞はフランスのダヴィッド・コカール・ダソの『ペリフェリア』が選ばれた。また審査員でなく来場者の支持で選ばれる観客賞は、ロシアのナターリア・チェルニェソヴァの『ザ ゴッサマー』に決まった。フランスとロシアの作家が活躍が目立った。
日本からは国際審査委員特別賞のひとつとして岡崎恵理監督の『FEED』が、6作品ある優秀賞に山村浩二監督の『サティの「パラード」』と坂元友介監督の『ナポリタンの夜』が選ばれている。

2年に一度、開催される映画祭には、今回は世界78ヵ国・地域から2,248もの応募があった。この中から厳選された60作品が、コンペティションとして上映された。応募の9割近くが海外からと、広島ならではの国際色の豊かな映画祭となっている。
審査委員長を務めた米国のアニメーション作家クリスティーヌ・パヌーシュカは、「それぞれが特別で、優れた作品ばかりでした」と、コンペティション作品の質の高さを讃えている。

THE EMPTY trailer from dahee Jeong on Vimeo.

第16回広島国際アニメーションフェスティバル 主要受賞作品

■ グランプリ
『空き部屋』 The empty (大韓民国/フランス)
チョン・ダヒ
■ ヒロシマ賞
『アモング ザ ブラック ウェーヴズ』 Among the black waves (ロシア)
アンナ・ブダノヴァ
■ デビュー賞
『ユル アンド ザ スネーク』 Yùl and the Snake (フランス)
ガブリエル・アレル
■ 木下蓮三賞
『ペリフェリア』 Peripheria (フランス)
ダヴィッド・コカール・ダソ
■ 観客賞
『ザ ゴッサマー』 The Gossamer (ロシア)
ナターリア・チェルニェソヴァ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る