ジェノスタジオ 「虐殺器官」後の制作を発表、一挙3タイトル

ジェノスタジオ

 映画『虐殺器官』のアニメーション制作を手がけたアニメ制作会社2017年10月10日に次回作のビジュアルが公開され、発表によれば同社は3つのテレビシリーズを制作する。
 ただし今回は作品名を公表しておらず、ビジュアルのみとなる。さらなる情報は10月16日(月)の18時に公開される。

 ジェノスタジオは、2015年に制作が中断した映画『虐殺器官』の制作を引き継ぐため短期間で設立されたスタジオで、その社名も『虐殺器官』に由来する。特異な状況から生まれたにもかかわらず、2017年に本作を完成し、全国公開につなげた。
 一方で『虐殺器官』以後のジェノスタジオの仕事が注目されていた。それが今回、次作がテレビアニメであること、しかも一挙に3タイトルというサプライズになった。
 さらに発表されたビジュアルのコピーライツ(著作権)の記載は、現時点で「Copyright 2016 GENO STUDIO All Rights Reserved.」となっている。アニメ作品に多い製作委員会になっていないことも注目される。
 
 10日には、ジェノスタジオYouTube チャンネルにて、声優の中村悠⼀さんと櫻井孝宏さんが出演するスペシャルメッセージビデオも配信されている。中村悠⼀さんと櫻井孝宏さんは、『虐殺器官』のメインキャラクターの声優を務めたのが縁になっている。
 またジェノスタジオ公式サイトもリニューアルされるなど、新たな目標に向けてダイナミックに動き出したことが分かった。

ジェノスタジオ
http://genostudio.co.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  2. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
  3. 「NEW MOTIONーthe Next of Japanese Animationー」
     世界最大規模の国際アニメーション映画祭であるフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で、今年大規…
ページ上部へ戻る