バンダイのフィギュアイベント「TAMASHII NATION」がワールドツアー NYグランドセントラル駅も会場に

TAMASHII NATIONワールドツアー

 バンダイが毎年開催するフィギュアイベント「TAMASHII NATION」が、現在、世界各国に巡回中だ。「TAMASHII NATION」が今年で10周年を迎えたのを記念したもので、世界10都市での実施を予定している。
 スタートは2016年12月1日のブラジル・サンパウロ。Comic-Con Experience 2016の会場内に「TAMASHII NATION」ブースを設けて南米ファンの人気を集めた。さらに2月には香港で開催された日本ポップカルチャーの大型イベントC3 in Hong Kongに参加し、こちらも展示ブースを設けた。

 3番目の会場には、巨大都市ニューヨークが選ばれた。しかも、今回は単独イベントとして、4月29日お30日の2日間、マンハッタンの中心にあるグランド・セントラル駅を会場にする。構内にある多目的ヴァンダービルト・ホールを利用する。ヴァンダービルト・ホールはメインコンコースにある待合室を改築したもので、企画展示などが多く行われている。
 絶好のローケーションになるだけに、ファンだけでなく、一般のニューヨーク市民にもアピールすることになる。展示商品は『ドラゴンボール超』や『NARUTO』、『美少女戦士セーラームーン』といったアニメから、米国人にお馴染みの『スター・ウォーズ』やマーベル・ヒーロー、さらにはゴジラやプロレスWWEにまで及ぶ。日本カルチャーだけでない、幅広いトイフィギュアのブランドとしてバンダイを印象づける。

 「TAMASHII NATION」を運営するバンダイ コレクターズ事業部は、子どもだけでなく大人も満足できるハイエンドのトイを開発・販売している。かつてより大人がキャラクターに馴染み深くなっていることもあり、その役割は大きくなっている。
 とりわけ現在は海外、とりわけアジアマーケットで、こうしたハイエンド商品の人気が高まっている。「TAMASHII NATION」ワールドツアーは、そうした人気の後押し、話題づくりに一役買う。

 ニューヨーク開催の後は、一度、日本に戻り、5月27日、28日の2日間、大阪で実施される。その後は6月のメキシコでのイベントが待っている。さらに中国、台湾、フランス、スペイン、イタリアでも計画されている。まさに世界を周ることになる。最後は11月の東京・秋葉原の「TAMASHI NATION 2017」で、10周年のお祝いと共にクロージングとなる。
 アニメ、マンガの海外展開はよく話題になる。一方で、より大きなマーケットである玩具・キャラクター商品は見落とされがちだ。しかし、そうしたキャラクター商品の海外進出も確実に進んでいることを「TAMASHII NATION」ワールドツアーは感じさせる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る