2017年興収過去最高の「きかんしゃトーマス」早くも最新作2018年春公開決定

『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』

 2000年から12年にもわたり劇場公開されている隠れたアニメーション映画シリーズがある。イギリス生まれの原作を海外アニメーションとする「きかんしゃトーマス」シリーズだ。テレビの長寿番組としてもよく知られているが、第1作の『きかんしゃトーマス 魔法の線路』以来、毎年劇場公開を欠かしていない。未就学児やファミリーを中心に手堅い人気を誇っている。
 とりわけ今年に東京テアトル配給で公開された『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』は、興行収入が1億3000万円を超える過去最高を記録した。上映時間帯が限られ、また未就学児が中心の作品として確かな成功を収めている。

 こうしたなかでシリーズの最新作の公開が早くも決定した。東京テアトルは2018年春に『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』を公開すると発表した。また新たなトーマスの冒険を子どもたちに届ける。
 近年は、「アンパンマン」や「しまじろう」、「かいけつゾロリ」といった未就学児向けの劇場アニメシリーズが人気を博している。「きかんしゃトーマス」は海外作品ながらその一角を占め、存在感を発揮する。

 「きかんしゃトーマス」は、1980年代にイギリスで、ストップモーションアニメーションとして誕生。その後、アニメーション制作技術の発展と共にイギリスだけでなく、世界各国で人気を博している。日本には1990年代に上陸、フジテレビからテレビ東京、現在はNHKに移り人気を博している。
 キャラクター展開も活発で、商品化のほか、テーマパークや遊園地のアトラクション、舞台など幅広い。これらが長年の人気の秘密にもなっている。
 
『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』
2018年春公開
http://movie2018.thomasandfriends.jp

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る