「聲の形」中国全国公開、初週末興収は5億円超でスタート

映画ビジネスのニュース

 2017年9月8日、日本のアニメ映画『聲の形』が、中国公開をスタートした。数千スクリーン規模の大規模公開となり初日から3日間、初週末の興行収入は3200万元、日本円で5億円を大きく超えた。堅調なスタートを切った。
 初週末の興行ランキングでは『スパイダーマン:ホームカミング』、『ダンケルク』に続き第3位でのスタートが見込まれる。ただし『スパイダーマン:ホームカミング』は約4億3000万元と、『聲の形』の10倍超と大ヒットである。
 また『聲の形』より一週間早い公開となった実写『銀魂』も8000万元に迫る水準まで興行収入を重ねている。実写映画過去最高の『寄生獣』の4800万元を引き離した。

 今後の『聲の形』の興行であるが、中国映画市場では初動でそのほとんどを稼ぎだすことから、1億元水準はやや厳しそうだ。また、9月15日から、新たな日本アニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール』が公開となることから、観客の競合は避けられない。
 それでも現在の段階で、『聲の形』は中国で公開された日本アニメとしては第9位に位置する。上位作品は、『ドラえもん』や『ONE PIECE』、『名探偵コナン』などが占めている。
 若者向けのアニメとしては、2016年暮れの『君の名は。』以来である。大衆的というよりもアニメファンに人気が高い京都アニメーションの作品が全国規模で公開されることは、中国映画市場の変化ともいえる。『聲の形』のかたちに続くことになる『劇場版 ソードアート・オンライン』も含めて、中国のアニメビジネスの新たなトレンドとして、その活躍が期待される。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. AnimeJapan2024
    ■凝った企業ブースが脱コロナ禍を演出  2024年3月23日から26日まで、東京都内で日本アニ…
  2. クランチロールアワード
     日本アニメ配信プラットフォームで世界最大規模のクランチロールが主催する「クランチロール・アニメアワ…
  3. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
ページ上部へ戻る