「僕のヒーローアカデミア」映画第2弾 全米デイリー1位でスタート

映画ビジネスのニュース

 国内で興行収入17億円を超える大ヒットになった『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』が、2020年2月26日に米国公開となった。配給は日本アニメ専門のファニメーション・エンタテインメントが担当している。
 日本公開は2019年12月20日、米国公開はそれからわずか2ヵ月後、さらに全米1200以上の映画館が用意された。前作『2人の英雄(ヒーロー)』の515館の倍以上である。外国映画としては破格の扱いだ。

 映画は配給会社のこうした期待に充分応えた好調な出足となった。公開初日の2月26日の興行収入は252万6900ドル(約2億7000万円)。水曜日公開と異例のスケジュールではあるがハリウッド大作の『The Call of the Wild』、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』、そして大ヒットとなっている『ソニック・ザ・ムービー』を上回り、興行収入で全米デイリー1位と記録的なスタートになった。

 本作は『僕のヒーローアカデミア』の劇場第2弾となるが、前作の『2人の英雄』はデイリーで最高3位であった。シリーズ初の全米1位でもある。
 また日本アニメでも全米デイリー1位は、2019年1月の『ドラゴンボール超 ブロリー』以来1年ぶりとなる。こちらの配給もファニメーションである。直近で興行収入約8億5000万円(776万ドル)を稼ぎだしている『天気の子』は、最高で2位だった。

 前作『2人の英雄』は、興行収入は最終575万ドル(約6億3000万円)である。今回は水曜日、木曜日の2日間だけで252万ドル(約2億7000万ドル)。これに今後は金曜日を含めた週末3日間が積み重なる。さらに興行が長く続けば、『2人の英雄』を上回ってくる可能性は高い。
 日本アニメの人気が高まっているとされる米国だが、それでも大規模な映画興行はなかなかハードルが高い。そうしたなかで2作連続の好成績は、『僕のヒーローアカデミア』の人気が現地でかなり根づいている表れとみられる。今後のさらなるビジネス拡大も期待される。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  2. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  3. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
ページ上部へ戻る