IGポートグループ各社売上 I.G22億円、ジーベック19億円、WIT9億円など

ファイナンス決算

 アニメ・マンガ会社を統括するIGポートは、2017年8月30日に2017年5月期(平成29年度)の有価証券報告書を開示した。業績は7月14日に発表された決算短信を反映したもので、連結売上高は75億8900万円、営業利益5億2000万円、経常利益5億4100万円、当期純利益2億2800万円となっている。

 有価証券報告書では、これには加えてグループ主要各社の個別の業績も明らかになっている。売上高が最も大きいのはプロダクション I.Gで、売上高22億8400万円、経常利益2億2300万円、当期純利益が1億6000万円。
 マンガ出版を中心とするマッグガーデンも収益面で存在感が大きい。売上高は17億1700万円、経常利益3億3600万円、当期純利益2億1100万円。同社作品の相次ぐ映像化が、出版事業に反映しているとみられる。

 一方、プロダクション I.Gを除くアニメーション制作3社は、いずれも最終赤字となった。ジーベックは売上高19億1300万円、経常損失2300万円、当期純損失4300万円。ウィットスタジオは売上高9億3300万円、経常損失1300万円、当期純損失5700万円。そしてシグナル・エムディは売上高12億3600万円で経常利益は200万円だったが、当期純損失として700万円を計上した。
 当期純損失が経常損失より拡大しているのは、固定資産の一部の帳簿価額を減額したためである。また、設立間もないシグナル・エムディの売上高が12億円を超える規模となったのは、期中に『ひるね姫 ~知らないワタシの物語』や『Cyborg 009: Call of Justice』といった大型作品があったためと見られる。
 制作会社単体でみると、ジーベック、ウィットスタジオ、シグナル・エムディの3社は損益ギリギリ、もしくは赤字となる。しかし、各社がアニメーション制作を引き受ける一方で、同じ作品にプロダクション I.Gが製作投資をしているケースも多い。そうした作品はIGポートグループ全体でみると収益バランスがとれていることも多そうだ。

 また有価証券報告書では、映像制作の制作受注状況も明らかにされている。前期は制作で劇場アニメが前年比170.5%増、テレビ・ビデオアニメが29.5%増、一方でゲームその他が19.8%減となっている。グループが、より制作予算の高い劇場作品を重視していることが窺われる。
 こうした傾向は今後も続きそうだ。今後の制作を見通す受注状況では、劇場アニメが253.9%増、テレビ・ビデオが108.7%増、ゲームその他が36.3%増としている。ここでも劇場アニメの伸びが大きい。また受注全体の高い伸びは、今期の業績見通しの売上高95億9200万円(26.4%増)という大幅成長にも反映されているとみられる。

IGポート

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る