IGポートの通期決算が期初予想から大幅に上振れ 製作システムは変革に向かう


■ 制作ラインの建て直しコストもカバーし、成長軌道へ

プロダクション I.G、ジーベック、WITスタジオ、そしてシグナルMDと異なる特徴を持つ4つアニメスタジオ、そして出版社マッグガーデンを束ねるIGポートは、いまやアニメ製作の大手の一角に喰い込む存在だ。そんなIGポートの2016年5月期の通期決算が7月15日に発表され、予想を上回る好調ぶりを見せている。
連結売上高は80億1000万円と前期比で8.6%減であったが、期初予想の68億4200万円を大幅に上回った。さらに営業利益は4億1600万円(55.7%増)、経常利益は4億300万円(30.7%増)。こちらも前年比で大幅な伸びであるだけでなく、期初予想を大きく超えている。

IGポートの当初の見通しは、大型作品『GARM WARS The Last Druid』の反動や、アニメーション制作の内製化推進による売上高の減少、それに伴う人材育成コスト上昇を見込んだものだった。16年5月期の決算は、そうした長期的な投資を飲み込んでのうえでの結果である。
実際に映像制作事業は、49億6100万円と前期比16.2%減だった。営業損失も1億2500万円を計上する。IGポートは制作ラインの建て直しによる受注調整、制作の長期化、さらにデジタル向けの費用が増加していることを理由に挙げる。現在、アニメーション業界では、制作の受注は引く手あまたとされるが、逆にそうしたなかで今後の体制を整える。

そうした制作体制の再構築を支えるのが、版権事業である。売上高は11億3100万円と前期比で30.5%増、営業利益も3億3200万円(8.3%減)と引き続き高水準となった。ヒット作『進撃の巨人』のほか、オリジナル作品の『サイコパス』の好調も大きいとみられる。
出版事業(マッグガーデン)は売上高15億7400万円(4.3%減)、営業利益は3億1400万円(同23.3%増)である。しかし、出版事業は、むしろ2017年5月期以降に大きな期待がかかりそうだ。マッグガーデンが刊行する『あまんちゅ』のテレビアニメ化、『魔法使いの嫁』のアニメ化、『にがくてあまい』、『曇天に笑う』の実写映画化が相次ぐからだ。メディア展開による原作本の売上増加が期待できる。来期については、全体で連結売上高で72億9000万円、営業利益3億6100万円、経常利益3億6900万円、当期純利益2億3100万円を見込む。

■ 作品への積極投資、新しいアニメビジネスに進むIGポート

IGポートのビジネスは2016年以降大きく変わり始めている。同社が目指してきた版権事業が、2016年以降にとりわけ急拡大する見通しだ。ひとつはマンガ出版のマッグガーデンの活用である。人気作品の『あまんちゅ』、『魔法使いの嫁』を相次いでアニメ化するほか、『にがくてあまい』と『曇天に笑う』では実写映画に原作を提供する。これまでになかった事業の取り組みだ。
さらに『あまんちゅ』では、現在アニメ関連の権利のなかでも利益率の高いとされる配信権と海外番組販売権を獲得した。これも原作を持つ強みだろう。『魔法使いの嫁』では製作をプロダクション I.G、アニメーション制作をWIT スタジオで固める。原作を中心としてグループのタッグが実現する。

もうひとつは、積極的な製作投資である。『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』はプロダクション I.Gと原作の石森プロが各50%の2社出資で、従来の製作委員会と枠組みが大きく異なる。2017年以降に米国で放送されるアニメ『フリクリ』続編は米国カートゥーンネットワークとの共同製作、中澤一登を監督に擁する『パーフェクト・ボーンズ』はNetflixの独占配信と、作品の権利の多くをIGが握る作品が相次ぐ。
アニメ製作会社の利益が、映像制作事業より版権事業からより多く生まれるのは2016年5月期の決算から分かる。将来的にはこうした作品の利益拡大が期待される。
そして、現在、IGが目指す制作ラインの再構築がここで活きてくる。いくら版権事業の利益が高くても、要になるのは、作品の人気、それを実現するクオリティと創造性である。充実した制作体制が、これを支える。逆に言えば、作品のクオリティが高くとも単純な受注作品であれば利益は制作費だけである。高いクオリティは、自社作品にこそ大きな見返りをもたらす。

[IGポートの2016年以降の主要ポイント]

2016年7月
■ TVアニメ『あまんちゅ』放送開始 (原作・マッグガーデン刊行/配信権・海外番組販売権をプロダクション I.Gが獲得)
2016年9月
■ 実写映画『にがくてあまい』公開 (原作・マッグガーデン刊行)
2016年8月
■ 『魔法使いの嫁』イベント上映
2016年10月
■ 『百日紅~Miss HOKUSAI~』米国公開
2016年11月
■ 『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』第1章 劇場上映 (プロダクションI.Gと石森プロ共同出資)
2017年3月
■ 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語』全国公開
2017年春
■ 『進撃の巨人』 Season2放送開始
2017年
■ 『銀河英雄伝説』スタート
■ 実写映画『曇天に笑う』公開 (原作・マッグガーデン刊行)
2017年末or 2018年初頭
■ アニメ『フリクリ』続編、米国テレビ放送開始予定 (カートゥーンネットワークとの共同製作)
リリース時期未発表
■ アニメシリーズ『パーフェクト・ボーンズ』、Netflixで独占配信

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る